ひつまぶしっ!

一粒で三度おいしい、そんな創作ブログ。

四谷怪談っ娘

妖魔と妖精
四谷「申し訳ありません、私の傘ではサイズが合わないようで…」
隣の妖精「気にすんなお」

夏にピッタリの看板娘の一人で妖魔八傑衆の一人でもある四谷さん。
ヤンデルっ娘。異常なカロリー燃焼体質の為、常に点滴をうたないと餓死してしまう薄幸の美少女…目にクマがあるけど(ぇ 何度も霊界に足を突っ込んだ彼女は霊体や妖精といつでも会話が可能。ネ○バスだって乗り放題である。なんてうらやましい。ネ○バスが(マテ)

水面反射と映り込んだ像のゆらめき、水滴の飛散表現とか、まずはマウスで色々お試し中。だんだん手癖で描けるようになってきた、ような気がする。わざわざマウスを使うのは厚塗りの場合、筆厚無しの方が重ね塗りの色調段階が把握しやすいから。重労働続きで肩が上がらないのも理由だけどorz 基本は暗い色の上に明るい色を乗せていく、前に紹介した木の描き方と同じです。キャラの塗り癖がついてるとつい影を後に塗ろうとしてしまいますが

0 Comments

Leave a comment