線画は刺身を捌くが如く

 25, 2010 12:01
線画比較1
サッカー観ていて寝不足だお。どっちもよく頑張りましたな。
って事でディフォ絵講座は次回に持ち越して(マテ)今回は線画のお話。
漫画にしてもイラストにしても、この線画に力を入れないといくら色やトーンを貼ってもガクーンと見劣りします。それは漫画に知識がない人でも見抜けるだろう。特に強弱線。ほっそい線だったり線の太さが全て一定だとかなり見栄えに差が出てくる。ぶっちゃけ色より線が重要。マウス使いだった自分は曲線すら無く直線をひたすら繋げてドット単位で丸みを付ける、という気の遠くなる作業で描いていたので、この強弱線は未知の描き方のひとつでした。
線画比較2
(クリックで拡大)
修行を経て勢いの無い線画から強弱のある線画にペンタブでの描写がようやくここまで可能に。筋肉を落として繊細な線を引けるようにとか、料理を通じて(イカそうめんとか)美しい曲線を引けるようにとか、色々やったものです。拡大しなくても解りますが、左が強弱のない弱い線画、右が筆圧をかけた強弱のある線画です。

絵柄によっても強弱の付け方には差はありますが、全く筆圧をかけずに描くと左の線画のように平坦な絵になります。一方、筆圧をかけて強弱を加えた右の線画はサムネイル状態でも立体感が出ている。これは線画の段階で光源を決めてあるから。影になる部分は太く、光が強く当たる部分は細く。これだけで仕上がりにも大きく影響してきます。要は切り絵みたいなものかな。

よし、これで飾り包丁のスキルはアップしたかな?(そっちの修行かよ)

Tag:イラスト 萌え 看板娘 sai CG オリジナルキャラ 講座 SAI

COMMENT 2

sunsun  2010, 06. 26 [Sat] 09:22

左と見比べると右の方がしっかりした印象がありますね。

私はSAIだとどうも線画が描きづらくて、AzDrawingという線画専用ソフトを使っています。
たま~にSAIでも描きますが…
ペン入れツールはマウスの時の方が都合がいい感じがします。
ペンタブだと逆に手間が増えて…
今は全然使っていません。

マウスの時は曲線ツールにお世話になってました。
SAIは筆圧が変えられますが、導入前は上からなぞって微妙に強弱をつけたり、先の部分は消しゴムで削ったり…

でも、今思うとそういう工程があったからかマウスの時の方が丁寧だった気もします。

線画によっても絵の良し悪しが決まるんですねぇ

Edit | Reply | 

貧蛇  2010, 06. 26 [Sat] 13:00

線の境地

>sunsunさん
やはり線画ですね、これで仕上がりに差が出ます。
色塗りでカバーしたとしても線という境界線には逆らえませんし、相当の塗りスキル(厚塗りや水彩等の複合技)を持っていたとしても区切りとなる線が少なすぎるとどうしても単調な絵になります。

強弱だけでなく線の書き込み度がそうですね、服のシワ、刺繍、髪の立体感のある描き方、線画が完成されている人の線は目まいがするくらい精密です。

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?