漫画風に簡易な構図を描くテスト

 03, 2010 02:50
漫画風の描き方1
今回は漫画風の簡易な描き方で構図作りを考察してみます。
せっかく苦労して色塗りしても、構図も線も駄目ならまた一から塗り直し…そんな経験は自分だけではないはず。ならモノクロで塗って構図バランスを見極めていけばいい。単色な分、ピンポイントで線画の良し悪しが明確になります。それでは看板娘NO.002の夢羽とNO.010の海月の二人で試していきます。

ちなみに漫画描き方は起承転結以外、特に勉強はしていない(マテ)

↓続きますよ↓
漫画風の描き方2
まず大まかなラフを描きます。
ただ水平の画面ではつまらないので、斜めから見た視点で描きます。このの主役は中央の二人なので、他の人物は遠近感を掴む為の目安として「置いて」おきます。舞台はとりあえず異世界の「屋台列車」という設定で背景をイメージしながら描いておきます。屋台列車という設定上、単に電車を描いても面白味もないので、ここでは和食専用車両(おでん)として仮設定。模写はしません。まずは自分の頭で考えろ。

漫画風の描き方3
(クリックで拡大)
ここでパースの二点透視を使用します。
アイレベル(緑色の線)は主役二人の胸部分に設定し、
例の可動式パースライン(青い線)を使って窓や机の線を引いていきます。これにより簡易に目線からフカンとアオリが表現できます。簡易なパースの引き方はこちら→初心者でもたぶん解るパースの引き方集

漫画風の描き方4
次にの「状況」も視野にいれて動的表現を加えます。
電車は走行中、天候は晴れ、窓は開放している、という設定で進めてみましょう。ここでは移動中の電車ですから風が吹き込んでいると設定し、人物の髪もなびかせておきます。

漫画風の描き方5
(クリックで拡大)
次に人物以外の下地を大雑把に塗っておきます。
日の当たる場所は塗らず、影となる場所のみ塗ってみました。
背景・森林の描き方で紹介した葉の描き方で簡易な木も描いておきます。これだけでもだいぶイメージが掴めてくるようになったはず。

漫画風の描き方6
(クリックで拡大)
下地を塗ったらその上にレイヤーを作成し、人物を塗ります。

漫画風の描き方7
光源は窓の外からなので、逆光の塗り方で仮塗り。
また木々の間から差し込む木漏れ日の表現も加えてみました。
ここらは漫画でいうとホワイトやトーン削りと同じものですな。

漫画風の描き方8
(クリックで拡大)
だんだん漫画の一シーンみたくなってきましたが、あくまでこれはフルカラーで描く際のラフなのでそんなに描き込む必要はありません。ここまで描くと線画段階では気付けなかったおかしな所が浮き彫りになっているのが解るかと。例えば吊革やそれに掴まるキャラの対比とかね。そこを徹底的に修正していく訳です。逸る気持ちは分かりますが、いきなりカラーで塗らずにまずはモノクロで位置取りをしてみてはいかがかな?

Tag:イラスト 萌え 講座 漫画 描き方 sai オリジナルキャラ CG

COMMENT 2

奄環和弘  2010, 05. 03 [Mon] 03:32

白黒は良いですね
私の場合白黒で描くとその時点で満足してしまうのが欠点ですがw

後数回で修行の旅に出られるとの事なのでご挨拶に伺いました。

又貧蛇さんのリンクを押した後のパスワード?画面は若干寂しいですが
又8月にお邪魔いたしますので
それまで失礼いたします

それではお邪魔しました。

Edit | Reply | 

貧蛇  2010, 05. 03 [Mon] 11:21

三ヶ月なんて@いう間

>奄環和弘さん
明暗がはっきりするモノクロはカラーには無い魅力がありますが、線画の弱さも露になる諸刃の剣orz ベタ一色で影を塗れるのは爽快なんですけどねー

またパスワード画面裏ではブログリニューアルを進めますが、タイトルはもう変わりません。己という字が蛇っぽいので(ぇえ~)それではまたミンミン蝉が鳴く頃にお会いしましょう!

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?