イメージファイト(水の表現・その弐)

 22, 2010 05:51
手乗りウォーターワールド
昨日の羅美野と音遠のセットイラスト、手乗りアクアリウム。
模写無しのイメージトレーニング兼看板用。
元絵を10%まで縮小したものですが、やはり背景がリアルに見えませんな。拡大した状態でいくら細かく描いても、縮小した時に潰れてしまっては意味がない。達人は必要な塗りを見極めて描いているので、サムネイル状態でも全体のイメージが損なわれないんですよね。これもいずれ背景の描き方で紹介しますが、足元しか見ていない描き方では駄目。かといって上ばかり見ていれば基本が疎かになる。そろそろ新しい眼を鍛えに修行に出た方がいいかな。って事で、五月中にまたブログを一時封印して蛇眼を鍛えてきます。

話題は変わって例の万博パクリ事件…
万博に限らずあそこまでコピーしなくては何も作れないってのは、哀れを通り越してムカついてきたよ(モチツケ)なんていうのかな、そこまで自分でものを考える力が無いんだろうか。それって人間としてどうなのかね?餌を貰うのを待ってるだけの家畜同然ではなかろうか。

Tag:イラスト 萌え sai CG 講座 オリジナルキャラ 万博

COMMENT 2

サカスキー  2010, 04. 22 [Thu] 21:18

修行ですか?ニンニン。その向上心が素晴らしいです。見習わなければっ。

香港の件はマジ終わってます。モラルの低下でしょうかね。熱唱してるジャッキーが胡散臭く見えて哀れです。

Edit | Reply | 

貧蛇  2010, 04. 22 [Thu] 23:58

ああ…次は重力百倍だ…

>サカスキーさん
修行といっても自分の絵を客観的に見れるよう、上級絵師の技を研究するだけなんですけどね(爆)描かないのも修行。下手に描き続けていると一種の催眠状態に陥り、自分の絵が上手くなったと錯覚します。間を置いて見直すとおかしな所に気づくあれですね。それを作為的に起こすのが狙いです。

>万博ソングパクリの件
コピーは所詮コピー、とはマモー様もよく言ったものです(ぇ
今回の件ではバレた後になってカバー依頼を出していたのがなんとも無様極まりない。大人の対応で一見沈静化したようには見えますが…表面上だけ綺麗に繕ってもいずれボロが出るものです。

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?