ひつまぶしっ!

一粒で三度おいしい、そんな創作ブログ。

手作りローストビーフでお花見するお( ^ω^)

手作りローストビーフ8
さて、料理系キャラが続いていたので今回は新作メニューでも。
500円の牛赤身ブロックで豪華なローストビーフを作ります。
ついでに花見の季節に合わせてそれっぽく盛り付けてみますた。
背景スキルUPの修行効果があったのか、盛り付けの見栄えも若干向上したようです(ぇ

↓作り方はこちらから↓ 手作りローストビーフ1
まず牛の赤身ブロックに軽く粗塩、粗挽きコショウ、ナツメグ、
乾燥パセリをすり込み、冷蔵庫で半日寝かせておきます。

手作りローストビーフ2
程好く下味が馴染んだら調理にかかります。
普通ならフライパン等でローストしますが、安値で脂も無く淡白な赤身なので、ここで再び燻製の出番です。今回の時間設定は弱火で約40分。

手作りローストビーフ3
ローストビーフは切った後の色も命なので、
色落ちしないようベーコン作りの時より早めに火を止めます。

手作りローストビーフ4
40分燻すとこんな感じになります。
脂分がほとんどないので表面はパサパサしていますな。
このまま常温で放置し、冷めたら冷蔵庫で1~2時間寝かせます。ちょうど鰹みたいな形になっているので、土佐造りの要領で薄く切り分けていきます。

手作りローストビーフ9
包丁を入れた直後はあまり良い色をしていませんが、
時間が経過してくると…

手作りローストビーフ
(クリックで拡大)

ほら、鮮やかな色に変化してきました。
エキストラバージンオリーブオイルと酢、塩コショウを合わせたドレッシングをベビーリーフにかけ、その上にローストビーフを花状に盛り付け、バルサミコ酢、赤ワイン、醤油を合わせたさっぱり味のソースをかけて出来上がり。淡白な赤身でも燻製にする事で味に深みが増し、赤ワインが更にコクを生み、バルサミコ酢の果実酸味が肉の臭みを消してくれます。最近ではバルサミコ酢ベースのステーキソースも販売されているので、そちらを利用するのも手です。

手作りローストビーフ8
お肉を冷蔵庫で保存する場合は食べる直前に包丁を入れてください。
でないと冷蔵庫内でも切断面からどんどん色落ちしてしまいます。
なので保存は塊のままとし、2~3日以内に食べきってください。

手作りローストビーフ5
低カロリーで冷やしてサラダ感覚で頂けるので、女性にもお勧め。
今夜はグラス片手に自室で花見、なんてのはどうかな?

0 Comments

Leave a comment