ひつまぶしっ!

一粒で三度おいしい、そんな創作ブログ。

ペンタブレット、解☆放

蟷螂背景1
今回も龍が如く4をプレイする時間が無いので背景の練習。
描きかけだったアニメ風蟷螂タソの背景、夏の入道雲で練習。
最近残業が多くなってきたのと、手の神経もそこそこ繋がってきたので、今日は時間短縮の為に禁じ手、ペンタブレットを使用しました。やっぱペンタブは楽だね、筆圧がこんなにありがたいとは。修行後と前で比べるとこんな感じ。
旧ゴスミズカマキリ
(修行前・クリックで拡大)
雲の形状は良いとして、発光に頼りすぎてせっかくの描き込みが台無しに。森林の色も嘘くさいし、色調段階のメリハリもない。背景だからといって単に水彩でボカしまくっても、これでは誤魔化してるとすぐ見抜かれる。

カマキリ背景2
(修行後・クリックで拡大)
新しい蛇眼で描き直したもの。
の反省点を活かし、レイヤー1枚で乗算も加算も使用せずに雲と森林を筆ツールのみで描けるように鍛えてきました。少しは雲にリアル感が出てきたと思うのですが、まだ何か物足りないと自覚しています。これも模写は一切無しの想像描きなので構図が単調なのは仕方がないorzだがいずれ想像のみでのハイパー構図を描けるようになって見せるさ。もうちょっとスキルアップしたら簡単な背景の描き方講座を開くので、特に楽しみにしないでください(ぇえ~)

2 Comments

sunsun  

怪我もだいぶ回復されたみたいでよかったです。

修業前の絵も好きですが、修業後は背景が全然違いますね。
雲がすごくリアルです。

2010/03/26 (Fri) 15:55 | EDIT | REPLY |   

貧蛇  

>sunsunさん
相変わらず手は痺れたままなのですが、それも慣れで何とかなるもんです。

雲は森林の描き方の応用で割と簡単に描けるようになります。最初に暗い色を描いておき、その上から明るい色を乗せて立体感を出す…みたいな感じです。難しいのはその形状をいかに自然体に見せるか、ですね。

2010/03/27 (Sat) 02:06 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment