セーラー服と草鞋の色気と少年健全育成条例改正案

 18, 2010 17:00
ヤモイモ1
妖魔八傑衆の一人(影分身なので見た目は二人分)、護国井守と守宮の全身。左が井守で右が守宮。中学二年生(といっても百歳を超えている)のくのいちっ娘。忍者のクセに全く忍んでいないという今時の忍である(ぇえ~)

ヤモイモ2
(途中・クリックで拡大)
井守の方は時間不足で描いてありませんが、忍らしく網タイツをニーソの上から装着しています。中学生のクセにけしからんですな。とはいえ、くのいちの武器は色気も含まれるので設定上は無理はないのだ。背中のヒラヒラの裏にお互いの小太刀を隠し持っており、これを双方が抜刀する事で変身する。変身後は尻尾が生え、人数も二人のまま。三段階目になると合体し、グラマラスなくのいちに変身(というより真の姿)する。異なる容姿の分身を操るというだけあり、相当な使い手である。背景はトップ用に急遽描きなぐった夜桜と三点透視で描いた想像中の建造物。次回は八傑衆のルーキー、夜都蠍の壱式、続いて弐式まで紹介。

東京都青少年健全育成条例改正案
例の東京都青少年健全育成条例改正案…また安直なものを作りましたな。そういった視覚的なものよりその他の環境が狂わせてるとしか思えないのですが。腐った親や腐った教師、この案はそれら大人の汚点から視線を逸らさせる為に仕組んだその場しのぎの案としか思えない。前にも犯罪の源をゲームに押し付けた例がありましたが、結果はどうだろうか。昔に比べて若年層の異常犯罪が増えたではないか。保身の為に計算機のように育て、悪い事はしっかりと叱れない…その結果が現状ではないか。

俺も殺人や強姦といった病的なエログロははっきり言ってこの世から消え失せろと思っている。そういう面では改正案に賛成ですが、そういった犯罪を誘発する作品とも呼べぬ屑と無関係な作品全てをひっくるめて規制するのは断固反対です。それでは無差別テロや自己愛に固執した勘違いの環境保護団体と同じ。規制したところでネットで流出するのは目に見えてますし、余計に闇世界での流通を促進させるだけ。変えるべきなのは、俺達大人ではなかろうか。とりあえず俺は過度なエロは死んでも描かない。まずはそこから始める事にしよう。見せずに色気を感じさせる、そっちの方が高等スキルを喰らえるしね。

Tag:東京都青少年健全育成条例改正案 萌え オリジナルキャラ sai 看板娘

COMMENT 0

WHAT'S NEW?