たくさん食べて痩せる方法

 12, 2010 00:00
ダイエット食1
修行期間中に学んでいたのは絵や料理だけでなく、栄養学もそれなりに勉強していました。そこで見つけた面白いものが「不親切レシピ」というもの。これは敢えて料理を噛み切りにくくし、物を良く噛ませるように仕向ける調理法です。結果、時間をかけて食べるので少量でも満腹感が得られ、顎も鍛えられる。たまに若いのに口を開けたままボ~っとしてる人を見かけますが、あれは離乳食みたいな柔らかい物ばかり食べているので顎の筋肉が弱くなっているからです。

画像の豚しょうが焼きはエリンギを加え、肉を全体の50%に置き換えたもの。エリンギは炒めると肉に似た食感となり、噛み応えも十分あってスポンジのように肉のエキスを吸うので相性がいい。やっこ豆腐は半分に減らした肉の動物性タンパク質を植物性タンパク質で補ったものである。大豆タンパクはコレステロールを調整する働きもあるので正に一石二鳥。

↓続きでもう一品↓
ダイエット食3
エリンギに限らずキノコ類は肉の代用として大いに活躍します。
このように多種な野菜と細かく切り刻み、

ダイエット食4
茶碗半分の飯と炒めるだけで、

ダイエット食5
こんな感じに見た目的には普通のチャーハンが作れます。
歯応えは先と同じようにキノコで補う。要は騙し絵みたいなもの。キノコに限らず、それと錯覚させる絵の具(具材)を上手く&美味く利用するのだ。前にも書きましたが、減量はダイエットではありません。食べずに痩せても筋肉まで失って、次にドカ喰いした時に体が栄養を逃すまいと過剰にカロリーを蓄積しようとして逆に太りやすくなるだけです。それならたくさん食べれて痩せた方がずっといいし、食費の節約にもなります。もちろん、適度な運動とセットでね。

Tag:料理 レシピ ダイエット 美容 節約 カロリー

COMMENT 0

WHAT'S NEW?