三点透視でフカンを描こう!レッスン4

 12, 2010 08:16
田町由羅1.5式
パースの基本も今回で最後です。
前回のアオリの描き方に続き、今回は上から見下ろすフカンの描き方を紹介します。背景だけでなくキャラクターにもパースは有効なので、習得を強くお勧めします。

↓続きます↓
パースフカン1
今回はアオリの時とは逆に下側の余白を多めにとり、アイレベルもビルの屋上あたりに設定します。

パースフカン2
次に消失点3を設定し、真ん中のビルから基準線(重力線)を引き、外壁となる二本のラインを消失点3で収束する形に引きます。

パースフカン3
周囲のビルも同様に。全てのラインを消失点に直接収束させてしまうと勢いが付きすぎてしまうので、全体で見て逆三角よりも逆台形を描く感じで。

パースフカン4
次に先程引いたラインに沿って別レイヤーで縦の線から引いていき、

パースフカン5
毎度おなじみ可動式ラインで傾斜を描いていきます。

パースフカン6
今回は見下ろす視点なので、ビルの屋上が見える絵にしなければなりません。アイレベルからとったパースラインなので、このようにアイレベルより下にあるビルの中心線にポイントを設置して…

パースフカン7
ラインの傾斜線に沿って別レイヤー上で線を引きます。
アオリならこれで終わりなのですが、今回は屋上が見えるフカンなので、このままではいけません。手前の線はこれで問題ありませんが、奥の傾斜線は引けていません。

パースフカン8
そんな時にもやっぱり頼りになるのは可動式パースライン。
このように可動ポイントをビルの角にもっていき、
パースフカン9
その傾斜線に沿って線を引くだけ。
もう半分も同じ手順で、

パースフカン10
反対の角に可動ポイントを設置、

パースフカン11
同じくラインに沿って線を引くだけです。
常にアイレベルと直結しているので、わざわざ線を引きなおす必要はありません。
パースフカン13
これで全ての屋上が描けるはずです。屋上以外にも、
パースフカン14
こういった形の低い建物も同様の手順で傾斜を引けます。

パースフカン15
これでフカンの完成です。
もっと勢いを付けてもよかったかな?

イメージ背景
慣れてくれば基本だけでもこのくらい描けるようになります。
病み付きになるかも知れないので注意してください(ぇ

COMMENT 2

ナントカ家の母さん  2010, 02. 12 [Fri] 18:10

スタジオナントカ家

妻の方です。
料理もされるんですね。
パエリヤでの、新聞紙を蓋にって、聞いたことありませんでした。
料理人さんですか?
絵の事も料理の事も勉強になります。
どちらも上手くなりたいですし。

手を怪我されたそうで。
しかし前向きな、行動力のある方なんですね。

何事からも学ぼうとする姿勢が尊敬に値します。
ありがとうございます。

Edit | Reply | 

貧蛇  2010, 02. 13 [Sat] 04:18

>ナントカ家の母さん様
いらっしゃいませ!
料理は趣味でやっていたのと、一年ほど寿司屋で働いていた期間があり、今に至ります。単純に何かを作るのが好きなだけ、かも知れませんねi-229

元々はネガティブ思考の持ち主なので、今は無理にでも良い方へ考えるよう努力しているつもりなのですが、なかなか難しいものです。自分より苦労している人は何万人だっている、と戒める毎日ですi-229

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?