パースを簡単にしよう・レッスン2

 05, 2010 00:51
夜都1.5式
続いて二点透視、消失点を二つ使ったパースです。
これを覚えればより立体感と奥行のある構図が描けるようになります。パースも複雑なりますが、折線ツールと制御点のあるソフトををうまく応用すればたった一本のパースラインで描けるようになってしまいます。ここでは自分なりに編み出した楽々パースの引き方と並行して二点透視を説明します。(本文はsai使用)

↓これで誰もがパースを使える!↓
saiでパース5
今回も一点透視で使用したテストパースを描いていきます。
アイレベルも同じ位置になっています。

アイレベルと消失点
(クリックで拡大)
ここでおさらい。
一点透視では作画範囲内に消失点をとってパースラインを引きましたが、二点透視では作画範囲外から二つの消失点を使ってラインを引きます。画像のように消失点1、2から目的の位置でお互いのラインが結び付く形になる引き方です。

パース地獄
一点透視との違いは正面からの構図ではなく、全体を角から見た構図になります。パースラインが菱形をしているのもその為です。かなりややこしく見えるかもしれませんが、これは背景のみに引いたパースラインなので、キャラにもパースを引くとなれば更に複雑になってきます。そこで自己流に編み出した折線ツールの特性を活かした描き方を紹介します。

☆折線ツールって何?☆
折線ツール1
折線の使い方を知らない方もいますので、その使い方と特性を説明します。折線ツールは直線を描く際によく使われるツールで、画像のようにマウスクリックによってポイントを設定し、そこを軸に角度や長さを自由に調整できる機能です。

折線ツール2
(クリックで拡大)
このツールで引かれた線は「制御点」という機能をオンにすると、画像のように制御可能なポイントが点で表示されます。この状態でマウスをポイント位置に重ねてドラッグ(クリックしたまま移動)すると、指定の位置にポイントを移動させる事ができます。ここでは真ん中のポイントを上に向かって移動させてみます。

折線ツール3
このようにドラッグしたポイントに従って左右の線も角度が変わります。ここで注目して欲しいのは左右のポイント。線の角度は変わってしまいましたが、ポイント位置は全く変わっていません。つまり、この「固定」という特性を消失点として利用するのです。

では実際にやってみましょう。

saiでパース12
まず折線ツールを選択し、


saiでパース14
画像のようにアイレベルの左端にポイント1、中央にポイント2、右端にポイント3、と設定します。指定の位置でクリックすればそこに制御ポイントがセットされ、以後、そのポイントは制御点機能をオンにしないかぎり固定されたままとなります。左右の端を消失点1、2とするので、この二カ所のポイントはしっかりアイレベルと合わせてください。

saiでパース13
次に制御点ツールを選択(オン)し、

saiでパース15
ポイント2に設定した中央のポイントをビルの角まで引っ張り、

saiでパース16
そこを基準に新規ペン入れレイヤー上でこのように線を引くと…

saiでパース17
正面から見ただけの一点透視とは違い、角から見たビルが出来上がります。ここまでは従来通りの描き方ですが、便利なのはここからです。この位置から再び制御点をオンにし、今使用したラインをそのまま次に描きたい場所まで移動させてしまいます。

saiでパース18
ポイント2を一段下げ、同じ手順で線を引いていくと…

saiでパース19
アイレベルからのフカン、アオリの角度線がたった一本のパースラインで引けるようになるのです。このスキルを使えば何度も消失点から折線を引き直す手間が省けますし、誰にでも簡単に引ける可動式パースとして大いに役立つと思います。

saiでパース20
下の方にある小さな建造物も同様の手順でいくらでも描けるようになります。もしパースラインを従来通り残しておきたければ、位置決めしたパースラインをレイヤーごと複製し、位置決め→複製→結合、というパターンで軌跡用と移動用で分ければ管理しやすくなるでしょう。

saiでパース21
先の一点透視と併用すれば、異なる角度の建造物と乱立させる事もできます。これを使いこなせればほぼ全ての背景をカバーできるようになりますが、更に効果的な方法があります。次は消失点を三つ使用した三点透視に挑戦してみましょう。

Tag:イラスト CG 講座 パース 構図 背景 sai

COMMENT 6

貧蛇  2010, 02. 05 [Fri] 18:00

>sunsunさん
うおお、すみません!スパムっぽいコメントを削除しようとしたら間違ってsunsunのコメントまで削除してしまいましたorz
とりあえずお役に立てて光栄であります。次回で最後ですが、実際どんな絵に使うかの応用編みたいなものも紹介していく予定です。

Edit | Reply | 

ギュムゲバ  2010, 02. 09 [Tue] 07:12

わー

こちらに書き込みをさせていただくのは初めてです。お邪魔致します。なんだかパースって楽しそうですね!自分のマンガはあんまりパースとか意識してないので、とても勉強になります。

Edit | Reply | 

貧蛇  2010, 02. 10 [Wed] 07:43

製図中毒になりそう(吐血)

>ギュムゲバさん
いらっしゃいませ!
最初はパースみたいな作業は大嫌いだったのですが、仕事でCADをやっててこっちの方が遥かに地獄だったので、やってみたら意外に簡単だった、というオチです(ぇえ~)

描きたい目線で物が描ける、というのは強みになりますよ!三点透視に続いて実戦で使える応用編も紹介していく予定ですので、是非ご活用ください!

Edit | Reply | 

karicobo  2010, 09. 01 [Wed] 11:38

面白いです!

…でもこの折れ線機能、ついてるソフトあったかなー。
昔はMacで細かい図とか描いてたんですけど、今はWindowsでアクセサリについてるペインタぐらいしか持っていない……やっぱりパソコンを新調してお絵描きソフトを導入すべきですねー。貯金しよう。

Edit | Reply | 

貧蛇  2010, 09. 01 [Wed] 18:56

>karicoboさん
自分はsaiという絵描きに特化したソフトを使って描いています。saiはお試しで30日間無料で使えるので、試してみてはいかがかな?(sai、で検索すると一発で出てくると思います)値段も5250円とお買い得です。ただ、購入にはクレジットカードが必要な所が難点です。

Edit | Reply | 

-  2011, 03. 12 [Sat] 18:51

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?