カリフォルニア巻きに挑戦!

 26, 2009 01:52
カリフォルニア巻き12
今回は太巻きに挑戦だぜ!
寿司屋で修行していた時に目で盗んできた洋風太巻きを作ってみますた。店では機械が巻いていましたが、今回は当然手で巻きます。

↓続きますよ↓
カリフォルニア巻き2
まず「まきす」と呼ばれるすだれみたいなものを一番下に敷き、その上に太巻き用の海苔、寿司飯をこんな感じに乗せます。

カリフォルニア巻き3
お好みで田麩を散らします。
オリジナルにはありませんでしたが、仕上がりが美しくなるのでお勧め。

カリフォルニア巻き4
次にリーフレタスを乗せ、マヨネーズをかけます。
画像だとレタスが手前と奥にはみ出てしまっていますが、このまま巻くとシャリが海苔とくっつかず、うまく巻けなくなるので注意です。左右にははみ出ていても構いません。

カリフォルニア巻き5
次に具材を並べます。
下からカニかまぼこ、ズッキーニ(キュウリでも可)、エビ、アボガド、だし巻き卵。同じ色が重複しないよう、分けて並べます。

カリフォルニア巻き6
並べたら具が飛び出さないよう手前から巻き、まきすでしっかり巻きます。この時、手で四角を形作るようにグッグッと握るとしっかり巻けます。

カリフォルニア巻き7
巻き終えたところ。
レタスがはみ出た部分は実はちゃんとくっ付いていません。のりの役目をするシャリがレタスに邪魔されて機能していないからです。なので、具材はシャリからはみ出ない位置で巻くようにしてください。

カリフォルニア巻き8
次に切り分けていきます。
まず真ん中を切り、

カリフォルニア巻き9
半分にした太巻きの更に真ん中を切り、

カリフォルニア巻き10
もう二回切り分けて四つに切り分けます。
一本の太巻きで計八つ作れます。
包丁は切るごとに切れ味が悪くなるので、酢水を付けて海苔やシャリがくっつかないようにしたり、濡れたふきん等でベタ付きを拭き取りながら切り分けます。

カリフォルニア巻き12
具材の飛び出た端面の太巻きを手前に門松のように立て、カリフォルニア巻きの完成!野菜メインですがアボガドの油脂と相性の良いエビが程好いコクを出している一品です。

カリフォルニア巻き11
断面ショー。
物足りないかな、と感じたら生ハムなんか挟むと更に見栄えも良くなり塩分もプラスされて好みの味付けになるかも。隠し味にハーブなんかも散らすと面白いかもしれませんね。

Tag:料理 太巻き レシピ 寿司 グルメ

COMMENT 0

WHAT'S NEW?