ひつまぶしっ!

一粒で三度おいしい、そんな創作ブログ。

魔法円の描き方・基本編 その3

魔法円の描き方39
続いて結合させた線を更に複製し、
選択ツールで作業画面全てを選択します。
あと少しで終わりなので、頑張ってくだされ。

↓続きますよ↓ 魔法円の描き方40
(クリックで拡大)
選択ツールで作業画面全てを選択した状態で、コピーしたレイヤーを72°回転させます。ほら、だいぶ☆の形になってきましたね?同じ手順でこのレイヤーを複製、回転させて☆の形に補正し、レイヤーを結合します。星の中心の五角形がグリッド線に対して綺麗に配置されればほぼOKです。

魔法円の描き方41
線がずれていたり飛び出していたら、移動ツールや消しゴムツールで整えます。この画像の場合は選択中の線が全体に左へ寄りすぎているので、右へ移動させて先端がピッタリ合うよう整えます。

魔法円の描き方43
線を移動して整えたところ。
あとは飛び出している線を消しゴムで消しこむだけです。
星の中央に出来る五角形がグリッド線に対して中心にきていますね。
これで魔法円の基本形は終了です。
一見、めんどくさいようではありますが、確かにめんどくさいです(ぇえ~)しかし、この基本さえ覚えてしまえば後は楽。組んでいくのが面白くなってきます。何事においても最初は苦労しておいた方が良い。楽ばかりして良い作品など決してできはしないのだから。

魔法円の描き方45
選択線の太さを変えたり、星の中を自動選択して複雑な形状の二重線を縮小選択の応用で簡単に引く事もできるようになります。次回では更に複雑な組み方と文字入れ、魔法円の光らせ方なども「魔法円の描き方 応用編」で紹介していきます。

2 Comments

sunsun  

おお!この形をみると魔法陣って感じがしますね!
グリッドがあるとこういう図形なんかを作る時は便利ですよね。

2009/09/12 (Sat) 06:45 | EDIT | REPLY |   

貧蛇  

ここからが本当の地獄だ…

>sunsunさん
saiには定規がないので、こういった正確な図形が引けるフォトショはとても役に立ちます。saiでも応用すれば描けるには描けるのですが、やはり定規がない分精度は落ちます。とくにこれから描く複雑に入り組んだ図形はかなり辛いんじゃないかな…

2009/09/12 (Sat) 13:50 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment