ひつまぶしっ!

一粒で三度おいしい、そんな創作ブログ。

最軽量高機動型ETC「叢雲」

叢雲1
Eシリーズの旧タイプ、ECM-MKⅡの改良版「叢雲 」。
製作は架空メーカー「SPEEDO EATER」。
元々違法改造され出回っていた初期型ETCの正規版である。フルモデルチェンジにより違法なオービスキャンセラーを含めた外装を全て破棄、ナビ機能も外し、走り屋の為の円滑な走行を追求したモデルが彼女である。索敵とその高速性から容姿はくのいち(外国人のイメージ)をモデルにしている。性格は極めて冷静な機体であり、反面顔には出さないが寂しがり屋でもある「隠れかまってちゃん」。
叢雲2
叢雲全身、仮。
刀に合わせて反転させたまま描いたものだから死装束になってもうた 従来のオービス(無人式速度取締機)探知に加え、現行では20kmの減速通過が求められているETCレーンを約4倍の80kmでの通過を可能とした。これはETC電波の受講部へ向けて叢雲本体がピンポイントに信号を長距離送信する為に成せる技である。

E-Ⅱ、Ⅳ、Ⅴ、Ⅵラフ
(四社メーカー比較・クリックで拡大)

他の機体と比べると若干小顔になってしまったか。
書き忘れていましたが、刀はタッチペンで殺傷力はありません。
変な箇所をタッチすると斬られはしませんが刺されます。

今回の作業BGM

七英雄のテーマは今聞いても鳥肌が立ちます。
全然勝てる気しなかったなぁ…

神すぎるクロノトリガーアレンジ。
お、俺も弾いてみてぇ…三味線で(ぇ ラヴォスコアとの最終決戦BGMも大好きでした。

0 Comments

Leave a comment