ひつまぶしっ!

一粒で三度おいしい、そんな創作ブログ。

第53看板娘「GUN NURSE」と俺式作業工程

GUN NURSE1
続いてEシリーズ6機目のAEDたんの改良版のラフ。
架空医療機器メーカー「LIFE GUNNER」社製ETC。E-Ⅳ、E-Ⅴ型のような多機能性はなく、車内へ据え置きとモバイル性も乏しいが、それは人命重視型エレクトロイドとして設計されたからである。
GUN NURSE2
E-Ⅵ全身ラフ。
道路上で多くの命を預かるバス会社向けに作られたエレクトロイド。
運転手の健康状態を常に監視しており、発作等の非常時には車の強制停止と患者の輸送手続き、治療を並行して行う。拳銃型の注射器は麻酔から解毒薬といった数種の薬弾が装填されており、車内で暴漢が現れた際には立派な武器にもなる(サイレンサー付き)また両手からは高電流を発するAED機能も併せ持つ特異な機体であるが、断線時にAED機能を使うと一発でバッテリーがあがってしまう。

正式名はまだ決まっておらず、LIFE GUNNER社内では「GUN NURSE」(ガンナース)と呼ばれている。医療機器メーカーでありながら銃をロゴにしているのは、命を奪う手段としてしか見ていない現代銃社会に対する挑戦状らしく、装填されたハート弾は命を打ち込む、という意味が込められている。

~作業工程~

現段階では看板娘達はこうして創造されます。
工程1
(クリックで大きくなるお)

まず前の絵を見ながら体形や個性バランスを合わせてラフを描きます。前作と構図や見た目がダブらないよう、かつ同系という事を考慮し、個性が突出しすぎないよう考えながら描いていきます。前の子がクールっぽいので、今回の子はマイペースっぽく肉付きもやや多めに設定。お尻をプリっと強調させてみる。

工程2
大まかな構図が決まったら仮ペン入れ。
下書きは納得のいくペン入れができるまで消さずに残しておきます。
あくまで仮ペン入れなので、強引に引いていきます。
たまにその線自体が個性になったりする。

~デザインを考える~

DSCF0775.jpg
前のE-Ⅴはこの携帯電話をヒントに仮デザインを組みました。
ウイングを模した折りたたみ式バックライトがそれですな。
意外に絵のヒントは自分の周りに転がってるものです。
高みを求めすぎて足元を見ない…というのは勿体無いぞ。
で、今回描いたGUN NURSEは
DSCF0776.jpg
このマイ献血手帳がデザインのヒント(ぇ
赤十字からなんとなく医療関係→看護士というイメージが連想されたのだ。なんて短絡的な。で、医療機器というと静電気やら電磁波を嫌うので、服装もスク水とナース服を混合させたような密着タイプの防電スーツを考案してみますた。前機が海上型エレクトロイドという事もあり、その名残で防水機能を付加したスク水というデザインに落ち着いた訳である。決して無意味に萌え要素を詰め込んでるだけではないのだ。

工程3
あとは上記の架空企業の設定をチョチョイと考えてデザインに追加、銃型注射器を描きます。簡易な設定を加えるだけでもデザインの幅は広がります。とりあえずラフなのでこの時点ではうろ覚えでOK。

E-Ⅴ、E-Ⅵラフ
最後に両者を比較して第一段階終了。色塗りは簡易に。
これ以上は描き込まず、ある程度数がまとまったら全員を比較しつつ途中で覚えたスキルを応用して各キャラのデザインを少しずつ改良していきます。一発で描こうとしてもプロでもない限り必ず「ここが足りない、これがおかしい」と後悔する時がくる。焦りは禁物だ。気が遠くなる作業ですが、それがキャラを愛するという事さ。

2 Comments

ぷっさん  

ナースっぽい優しい顔で癒されますね!
ハート弾はこのこの銃の弾薬には入ってませんか??
撃たれたら恋に落ちそうです。笑
駅とかにもこの娘がたくさん配置されてたらいいなぁ~とか思いました。思わずガン見してしまいそうですけど(*´д`)

2009/03/29 (Sun) 22:02 | EDIT | REPLY |   

貧蛇  

>ぷっさん
実際にハート弾を撃ち込んだら体内に留まるダムダム弾以上の殺傷力がありそうです(ガクガクブルブル)初期設定では駅にも配備されていたのですが、普通に盗まれますよね、え、ええ(爆)

2009/03/31 (Tue) 03:07 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment