ひつまぶしっ!

一粒で三度おいしい、そんな創作ブログ。

初心者用SAI講座(ペン入れ編2)

☆下絵をトレースしよう☆

続けて下絵をトレース(なぞる事)してペン入れします。
ペンタブがあればそのままペン入れできますが、マウスの場合は筆圧も曲線も使用不可なので、ここではマウス描きの場合どうしたら良いのかを紹介します。

曲線ツール
SAIにはペンレイヤー選択時にこの曲線ツールも付いてきます。
これは点と点を結んだ間を円弧に自動形成する機能で、マウス使いには重宝するツールのひとつです。ではこのツールを使ってマウスで線画を描いてみましょう。線のサイズは今回は5にしておきます。


↓続きます 13.jpg
↑キャラクター頭頂部をスタート地点にして半時計周りに線を引いていきます。曲線ツール選択後、頭頂部でワンクリックし、下絵の線に沿って制御点を作成(ワンクリック)しながら曲線を引いていきます。孤を描くような大きな曲線ならポイント間の距離は長めに小さな曲線の場合は逆にポイント距離を縮めてポイント数は多めにつけます。これは練習として大きな円と小さな円を描いておき、その縁をなぞるように曲線ツールで線を引いてみればクセが掴めると思います。

14.jpg
(クリックで拡大)

↑曲線ツールでの線画が終わりました。
マウスでも曲線ツールを使えばこの通りです。
十字線を目安に更に左右との歪みを調整したら、ご覧の通り下絵との差がこれだけでました。この先も左右反転と同じく十字線チェックも各工程でしつこく行います。


15.jpg
↑下書きレイヤーはもう必要ないので、選択後、ごみ箱に入れてしまいましょう。

★線画の線の太さを変えたい★
線変更
↑線の太さが気に入らない…そんな時にはこの「線変更ツール」を使って線の太さを変更できます。ツール選択後、線サイズを指定してから
17.jpg
変えたい線をクリックするだけです。
もちろんペンタブで描いた線も同様に変更可能です(いずれもペンレイヤーである事が条件)



★線画の色を変えたい★
色変更ツール
↑次は「色変更ツール」。線の色を変える事ができます。
先の手順と同じようにツール選択後、

20.jpg
変えたい線をクリックで指定した色に変更できます。

★線画を変形・延長したい★
制御点ツール
↑次は「制御点ツール」。
これは何かというと、たとえば



22.jpg
↑こんな風に耳の形がおかしいので直したい、変形させたい、
という時に使用します。ちょっと見にくいですが、線の中に点々があるのが分かると思います。これが先に曲線ツールで描いた際に付けた制御点で、このツールではこのポイントを移動させる事で線画を変形・修正する事が可能です。また、途切れた線も延長したり、制御点を後から追加する事もできます。


23.jpg
↑試しに思いっきり耳のポイントを引っ張ってみました。
これではかわいそうなので、


24.jpg
↑左右対称になるように調整してあげましょう。
あと筆圧変更ツールというものがありますが、それは色塗りの最後に紹介します。


色塗り編に続く!

0 Comments

Leave a comment