初心者用SAI講座(ペン入れ編1)

 14, 2008 02:01
☆ペン入れ☆

ラフが描けたらペン入れをします。

ペンレイヤーセット
↑まずペン入れ用のレイヤーを追加しましょう。④のレイヤーパネル内にある「ペンレイヤーボタン」を押します。これでペン入れレイヤーが下描きの上に追加されました。

続きます↓
線画レイヤー作成1
↑レイヤーを作成したら、他のレイヤーと区別しやすいように名前を付けておきましょう。とりあえず「線画」に変更しておきます(名前の変え方は変えたいレイヤー枠をダブルクリックして名称変更画面を呼び出して行います)
ペン入れツール各種
↑ペンレイヤーを選択中はブラシパネル内のツールはこのような表示に切り替わります。

透明化20
↑次に、
①下描きレイヤーを選択し、
②「不透明度」を20まで下げて下書きを半透明化します。



透明化20全体
↑下絵が半透明になりました。
こうする事でペン入れの際、下書き線との見分けがつけやすくなります。続いて先の手順でペン入れレイヤーをもう一枚、線画レイヤーの上に作成し、



十字線レイヤー
↑レイヤー名に「十字線」と名前を付けます。


ペン入れツール各種
↑その十字線レイヤー上でこの「折線ツール」を使用し、キャラクターの顔に合わせた十字線を引きます。引き方は折線ツール選択後に線を引き始めたい始点をワンクリックし、引き終えたい終点でダブルクリックします(終点でクリックした後、右クリックでも線を切る事ができます。この線は何に使うのかと言うと、顔を描く際、目鼻口の位置を調整する為の目安線に使います


十字線設置
↑折線ツールで十字線を引き終えました。今回は正面絵なのでこんな感じで構いません。この線を見ながら左右反転を織り交ぜて顔のパーツ位置を整えていきます。


6.jpg
(クリックで拡大)
↑引いた十字線は「移動ツール」で丸ごと移動できるので、絵に合わせて移動してください。(十字線レイヤー選択中である事)人物の顔の場合もそうですが、基本は横線がキャラクター両目、縦線はこめかみから顎にかけて合うように設置し、これを目安に顔のパーツ位置を左右対称になるよう整えていきます。

線画編2へ続く!

Tag:イラスト SAI 講座 CG

COMMENT 0

WHAT'S NEW?