ひつまぶしっ!

一粒で三度おいしい、そんな創作ブログ。

珍々ラーメン突撃レポート&横浜オフ会

野毛 夕刻
ずいぶん間が空いてしまいましたが、珍々ラーメンとオフ会レポじゃよ。こーゆーのを読んでるッ!!の注さん主催によるオフ会に参加させて頂く為、開催前日から横浜に来ていた俺は以前、馬鹿鍋の取材の際に気になっていた珍しいラーメン屋の取材に向かっておりました。


↓続きますよ↓ 三陽さん
ここがその三陽さん。
野毛で一際異彩を放つお店です。
ちんちんラーメンが店名ではありません、念のため。
珍しい店である事には変わりありませんが…(爆)
無数のスポットライトと、どっかのサッカー選手のユニフォーム(?)がカカシみたく掲げられたその店構えは、初めて訪れた人には近寄り難い異様なオーラを醸し出しています。

黄ばんだのれんをくぐると、外観からは想像のできない普通のカウンター席とテーブル席、客が三人、同じく三名くらいの店員とウェイトレスの小学生の女の子の姿が。どうやらお盆休みで家族総出でフル稼働中らしい。
三陽1
席につくと、この揚げにんにくを振舞われました。
ソースはエバ○焼肉のたれに似た味がするが…まぁいいか。
お冷でつか?と問われたので「はい」と答えたら
ビールが一本出てきた。
えっ、お冷って水の事じゃないの?(←酒を滅多に飲まない奴)
出された後に断るのもアレなので、空きっ腹に鞭をうち、ニンニクをつまみながら押し流す。隣ではホッピー(昔のアルコールの無いビールみたいなもの)を飲みながら野菜炒めを注文するおっさんが。こんな時間から(15時くらい)酒飲んでるのは俺くらいか…
三陽2
クチコミによると、このお店では餃子が人気らしい。
さすがにニンニクだけでビール一本空けるのは厳しいので、噂のギョーザを注文。400円。ちょっと高いかな…
三陽3
高いだけあって手作りのその餃子は一つ一つがズッシリと重みがあり、味もなかなか。ニンニクがかなり効いています。通販もしているそうなので、気になる方は検索してみては。この餃子目当てで訪れる客も多いそうでドライブスルーまでやっているらしく、食べている間、店の前には土産待ちが立ち並び、予約の電話がしょっちゅう鳴っておりました。でも肝心なラーメンを注文する人がいないのが気になります。
三陽4
そしてこれが「ちんちんラーメン」である。
ちんちん塩味。
なんかヤだな。
具はニラと豚ともやし、人参。
ちんちんラーメンください、と頼むと「ちん麺一丁!」
と略されました。フルで読んだ俺がなんか恥ずかしいじゃないか。恐らく小学生の女子の前で「ちんちん」は気が引けるのだろう。俺は言ったけど。

ラーメン屋の味の良し悪しが解るのは醤油と聞いた事がありますが、看板メニューが直球塩味なのも珍しく潔い。食べてみると、昔作った俺の自家製ラーメンの味と似ていた。う、うーん、マズくはないけど秀でて美味い訳でもない。餃子の方が人気がある謎は理解できた。まぁ、アレだ。名物になんとやら、ってやつだ。
三陽5
正直言ってこの時ビールが回って正確な味を把握できていない。酔いを飛ばそうとレバニラを頼むが、ちょっとレバーが少ないかな、という事だけしか記憶しておらず、結局フラフラの状態でホテルまで向かう。FPSで酒を飲みまくって視界がグラグラする、アレを見事に体感。まっすぐ歩くのが困難。蛇だからそれでいいのだ(マテ)今度来た時には土産だけ買って酒は止めておこう。
横浜オフ
16:00頃。
フラつきながらもなんとか桜木駅前までやってきました。
さっきの三陽からは徒歩10分くらいの距離。
周囲には高級ホテルや横浜を象徴するランドマークタワー、観覧車が見渡せます。
横浜オフ2
その駅前に建つクロスゲートと呼ばれる建物内にあるワシントンホテル。旅行の際によく利用するホテルです。夜景が一望できるホテルとなると3~6万は当たり前ですが、ここでは夜景が楽しめる上、コンビニ300円券が付き、シングルで7500円(プランによる)と、とてもリーズナブルな料金で泊まれます。
横浜オフ3
コンビニ300円券で購入した「ウコンの力」を飲み、部屋で二時間くらい倒れてアルコールを抜き、進んでいなかった絵の続きを午前四時まで描く。途中、気分転換にテレビをつけたらマクロスFの修羅場シーンだった。チェックアウトは午前10時ですが、寝足りないので二時間延長して事前に注さんと約束した待ち合わせ場所の桜木駅へ向かう。

注さんの容姿については事前に写メと似顔絵で特徴を掴んでいたので、迷わず合流できました。背後から。ちょうどお昼なので挨拶を兼ねてランチでもどうでしょう、と提案するも、どこのお店も満席だったのでひっそりと地下で営業していた和定食屋へ案内して頂きました。もっと前の日に連絡しておくべきでした、申し訳ありませぬ
横浜オフ4
昼食を終え、他の参加者との合流時間まで注さんに横浜の名所を案内して頂きました。炎天下、暑さを喫茶店やブックオフの冷房で癒しながら中華街に寄りながら山下公園に向かいます。思っていたよりひどい混雑はなく、どちらかといえばこの日開催されていたレゲエ祭りの影響が大きかった。路上をけしからん格好で闊歩する女子の荒波を潜り抜け、絵のヒントとなりそうな建物や小物、チャイナ服等を撮影していく。
横浜オフ8
山下公園に到着。
木陰にはこの暑さの中、カップルの姿がちらほらと。
畜生!ほほえましい光景です(ピクピク)
横浜オフ9
続いて赤レンガ倉庫へ。
時間と体力の都合で内部は見送りとなりました。
とはいえ、気付いた時には横浜の名所をほぼ見て回っており、なかなか良い運動にもなりました。
横浜オフ10
赤レンガ倉庫から汽車道を通って桜木駅へ戻ります。
天気予報は見事に外れ、終始快晴。
持ちっぱなしだったPC鞄も手伝い、汗だくだったのでクロスゲート内のトイレで着替え。待ち合わせ時間まで30分余っていたので、スターバックスでハムたん本(おまけ参考)を読みながら時間を潰す。
17:30に待ち合わせ場所である桜木町駅改札口でねこぱんださん、えすひらさん、イチゴなんちゃらさんの順で合流。軽く挨拶を済ませ、注さんに予約して頂いたランドマークタワー内の和風ブッフェへと向かう。

店内は有機栽培の野菜が陳列され、素材の安全性をアピール。料理も野菜中心のヘルシーなものが多く、取り皿も木製でそのまま盛り付けられる自然派なお店です。乾杯し、限定話や見える見えないの浪漫について意見を交わし、ネタ交換をしながら制限時間いっぱいまで居座る。
横浜オフ11
20:00頃、二次会へと向かう。
イチゴなんちゃらさんはサークル活動の為ここで別れ、注さん、ねこぱんださん、えすひらさんと共に二次会へ。外はすっかり日も落ち、美しい夜景が広がっています。
横浜オフ13
クロスゲート内、泊まっていたホテルと併設されている中華料理店「青龍門」で二次会に突入。焼きビーフンや炒飯をつつきながら限定キャラの誰が一番のお気に入りか、今後の河下作品の行末等を語り合う。俺?黒髪黒髪とか書いてたくせに慧タン(爆)なんかあの二人が主軸な話だったような気がするし。
横浜オフ15
横浜外国人居留区の地下水道をイメージしたという店内は、配水管からバルブ付き照明が伸びていたり、鉄格子があったりで、ちょっとしたアミューズメントレストランな雰囲気です。ここにはある仕掛けがあり、一定時間が経過すると突然照明が明滅し、けたたましいサイレン音が鳴り響くと…
横浜オフ14
客席に向かって大量の水が!
お、俺…蛇だけど蛙泳ぎ(平泳ぎ)しか得意じゃないんだよね(ぇ
この先は横浜に寄った際に自分の目で確かめてくれ!
最後に面白い見世物で締めくくり、オフ会は無事終了。皆様お疲れ様でした。注さんに駅まで送って頂き、次回があったら是非と約束を交わして横浜を後に(正確には翌日)しました。今回は大変お世話になりました!

おまけ
ハァハァ…
ブックオフで見つけたハムたん本。
な、なんて可愛らしい……
まったくハムたんの可愛さは罪だよネ!
ちなみに横浜の自分用の土産はこれだけ。
全然横浜の土産じゃありませんね、え、ええ。

3 Comments

注さん  

オフ会記事おつかれさまでした。
ウチは特大記事になってしまいみんなで合流したところからが長くなってしまい難儀しています。
早く仕上げよう。。。

2008/08/23 (Sat) 22:07 | EDIT | REPLY |   

ねこぱんだ  

おつかれさまでした。

前日から充実していたのですね。
なかなかいろいろな話が聞けておもしろかったですよ。
また機会がありましたら、ご一緒できれば。

2008/08/24 (Sun) 06:03 | EDIT | REPLY |   

グリード・スネーク  

乙カレー

>注さん
こちらこそお世話になりました!
自分も小説のオフ会を開いた事があったので察します、主催ともなると総括編集は大変ですよね…

>ねこぱんださん
お疲れ様でした!
今度はいちごの方もしっかり読んでから参加したい所存です。限定だけではやはり話題不足も限定されますし(ぇ

2008/08/24 (Sun) 11:47 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment