ひつまぶしっ!

一粒で三度おいしい、そんな創作ブログ。

新作メニュー・鰯と飛魚の天使盛り!

天使盛り0

冷蔵庫が空になったので買出しに行ったら、ちょっと変わったネタを見つけました。一つは不漁でなかなか手に入らなかった真いわしと、
天使盛り

トビウオである。
たまにこういう面白いネタがあるから買出しはやめられねぇ~(ぇ
ご覧の通り虫の羽に似た大きなヒレが付いています。
この胸ビレを使い、敵から逃れる為海中から飛び出して水面を長距離滑空します。最大飛距離は300メートルにも及び、群れで飛んで来るとなかなか壮観ですが、船上で見ているとたまに突っ込んできます。虫あみを用意しておけば空中で金魚すくいが楽しめます(爆)
天使盛り2

作業はほぼ今までと同じなのでいきなり完成~
真いわしとトビウオの天使盛り、一丁上がり!
中央がトビウオ、周囲が真いわしのお刺身。
どちらも三枚おろしにして腹骨と中骨を包丁で落とし、小骨の多い真いわしは腹骨と身を切り分け、完全に骨の無い刺身にしてあります。中骨は骨せんべいにしても良いかも。トビウオは焼いて食べても美味しいですが、新鮮なものは刺身でも食べられ、くさやの原料もこのトビウオだったりします。
天使盛り3

これがトビウオのお刺身。
少し淡白なアジのような感じでクセも無く、なかなかイケます。体の構造もヒレ以外は他の魚と大差ないので、同じ感覚で調理できます。ウロコが大きめなので取り残しに注意だ。細ネギを絡めてワサビとショウガ、お好きな方で。
天使盛り4

不漁が続き雑魚から高級魚に昇格した真いわしのお刺身。
地物で10匹ほど入って300円ほどでしたが、不漁時は一匹で300円だったとか…いわしには人に必要な栄養素がほぼ全て揃ってるそうで、DHAはもちろん血液を浄化するEPAも含まれています。その栄養を逃さず頂くにはやはり刺身!小骨の処理をしっかりしておけば美味しく頂けます。味は久々の真いわしだけあって濃厚で舌の上でとろけるよう。淡白なトビウオで口直しをしながら頂こう。処理は大変ですが、食のバランスが崩れている今、是非取り入れて頂きたい青魚のひとつである。

今回の買出しで新たな看板娘候補が三人追加されました(ぇえ~)

1 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008/05/16 (Fri) 18:13 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment