ひつまぶしっ!

一粒で三度おいしい、そんな創作ブログ。

押し付けの絵、自己欲求のみの絵であってはならない。

たくまるこさんに塗って頂いた撫子1

でっきるかな?のたくまるこさんにお絵かきコミュの
塗り絵コーナーにて撫子を塗って頂きました!
たくまるこさんに塗って頂いた撫子

(クリックで拡大)

服の陰影、シワ、花びらの光沢、立体感のある構図、
名前まで入れて頂きまっこと恐縮です。
手のかかる子の方を塗って頂きありがとうございました!
淡色で塗って頂いて初めて気付いたのですが、
自分の線、立体感が無く駄目駄目じゃんorz
強弱を付けていたつもりなのですが、絵柄に合わせてオトメチックモードのまま筆圧を軽くしていたのがいけなかったらしい。これは盲点。

塗り手の身になればこれは辛いですね。
線が細ければレイヤー分けしてあっても色のはみ出しが多々起きると思います。塗り絵に合わせてもっと太く引くべきでした。次はストレス無く塗れる線を意識して引いてみます。塗り手の方の気持ちも考え、絵も色々な人が興味を持たれるものを描いていきたい。自分の持ち味はダーク系だったけど、それだけじゃ同系の人にしか見てもらえないし、ただ己の理念を押し付けただけの絵では誰にも興味を持ってもらえない。ならばと始めたのが全ての属性(絵柄)の吸収な訳ですが…要は下手な鉄砲もなんとやら、って考えでつね(爆死)

↓ちょっと長いので続く↓ 人を楽しませる絵とは何なのか。

ある漫画で読んだ事があるけど、面白い漫画は
「心が健康でなければ描けない」
そして漫画家の優劣を決めるのは
「人格」
と書かれていました。
健康と人格の定義があやふやな時代なので一概にそうだとは言えませんが、人格というのは合ってると思う。こういうのはシナリオと絵柄に鮮明に出てきますからね。前に事件起こした毒なんたらってのが良い例。素人の俺でも絵からその内面が窺えます。ああいうのは自分の絵を愛してるんでしょうか。歪んだ願望を露骨に絵に押し付けてるようにしか俺の目には映りませんでした。これが負の人格者の結末なのでしょう。俺も決して心が健康とは言えないけど、自分の絵を愚弄するような真似だけはしたくはない。

2 Comments

たくまるこ  

今回は素敵な線画をありがとうございました。
私に技術とセンスがないために
こんな色になってしまい申し訳なかったです/////

それにストレスとか別に感じなかったですヨ
(途中で力尽きたのは私の根気がないからってだけですwww)
どちらかと言えば、とても楽しかったです^^
特にすけすけレース部分なぞ。ニヤリ(←おやじっ!!!)

2008/05/14 (Wed) 12:44 | EDIT | REPLY |   

グリード・スネーク  

闇の部分すらも応用してくれるー(ぇえ~)

>たくまるこさん
こちらこそどうもですi-179
やはり線の弱さは否めませんね、もう一度塗れと言われたら挫折しそうですorz
スケスケ部分は計画通り(キラ風に)また改めてお礼に伺います!

>大月 まわりさん
初めまして!
御名答、G戦場ヘヴンズドアですww
小説の真似事している時期に勧められた漫画で今でも大切に保管してあります。台詞のひとつひとつが熱くて背筋がゾクゾクしますよね!
派手な戦闘シーンがあるのでもなく、絵もさっぱりしているのにあれだけ感動させられた漫画は初めてでした。

こちらこそ混沌としたブログにお付き合い頂き恐縮です。自身の闇の部分というものはブログを始めて客観的に見れるようになりました。それまでは頑なに自分流を貫くと意地を張っていたのですが、それでは自分が満足するだけで相手には何も伝わらない。それこそが押付けの絵となっていると気付き、現在に至ります。一貫性がないだけなのかもしれませんが、一箇所に固まっていても得られる物は少なかったと思います。

応援して頂きありがとうございます!
これからも頑張りすぎない程度に頑張ります(都先生風に)

2008/05/15 (Thu) 02:51 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment