ひつまぶしっ!

一粒で三度おいしい、そんな創作ブログ。

ゴールデンウィークB級料理祭り・後編

珍お品書き

ちんちんラーメン、
チョメチョメ麺、
ボーボー麺…

明らかに狙ってるとしか思えんメニューだなww
野毛で思わぬ発見をしてしまった俺だったが、目的は別にあったのと昼にさんざんラーメンを食べてきたのもあり、惜しいけど今回はスルーする事に。目指すお店はここだ!

↓続きますよ↓ 浜幸

それがここ、「バカ鍋 浜幸」。
野毛で最も有名な鍋料理が味わえるお店です。開店時間は18:00。どうやら他の客はまだ来ていない様子。それではさっそく中へ入ってみましょう。
浜幸1

店内はテーブル席が三つほど、カウンター席が10席ほど。個室もあるそうです。普段はジャズやサンバが流れているそうですが、今回は開店直後だった為か静まりかえっていました。壁にはサイン入りの有名人の写真がびっしりと貼られています。
浜幸3

でもってこれが看板メニューであるバカ鍋である。
お察しの通り、馬と鹿肉で馬鹿鍋。
上の紅葉が乗った方が鹿肉、下の桜が乗った方が馬肉。
食べ方は肉に火が通り過ぎないよう色付いてきたらひっくり返し、スキヤキ同様にとき卵を絡めて頂きます。
浜幸5

味付けはスキヤキとほぼ同じ感じ。
ちなみに馬鹿鍋の専用タレは「バカたれ」と呼びますww
浜幸4

お肉は臭みもなく、鹿はさっぱり、馬は意外に脂が乗ってて牛とほとんど変わりません。美味しい!
浜幸6

シメはやっぱりうどん。
程よい濃さのバカたれは麺との相性バッチリです。
野毛2

食べ終えた頃には他の客で店内は溢れ、外はすっかり夜の街。そろそろホテルのチェックイン時間も近いので、品川駅へ向かいます。
品川駅前

20:00に品川プリンスホテルに到着。
うおお、でかいな…カプセルやビジネスホテル慣れしている俺にはちと抵抗があるぜ!小雨がパラつく中、急ぎ足でロビーへと向かう。
品川プリンスホテル客室

室内はこんな感じ。
デジタル対応薄型テレビ、LAN、冷蔵庫完備。
階数は29階。朝食無しプランですが、これで7500円はお得かも。
枕が二つあるけど別に添い寝してくれる相手がいる訳じゃない。いる訳じゃない…!!(連呼)
品川プリンスホテルの夜景

(クリックで拡大)
室内からの夜景。
左下に見えるのが品川駅。
品川プリンスホテルの夜景2

(クリックで拡大)
角度を変えて見るとその高さがよくわかります。
たっ、高ぇ…(やや高所恐怖症)
駅の隣、向かって右側に見える場所が次の目的地、品達ラーメンである。夜食に一杯ひっかけてこようかと思っていたのですが、テレビでカリオストロの城が放映されていたので翌日の昼食に予定変更(え~)
品達

翌日。
カロリー消費の為にエスカレーターを一切使わず、コインロッカーにも頼らず重いノートPCを常時持ち歩き、電車内でも無論立ちっぱなし、ホテル室内では腹筋腕立てをしていた為、体中が痛い。しかし次の目的地、ここ品達ラーメンは一番楽しみにしていた場所、ボロクソの肉体に鞭うち開店時間ピッタリにやってきました。
なんつっ亭

ここには麺達と呼ばれる五店の有名店が軒を連ね、中でも人気なのがここ、なんつっ亭。テレビで何度か優勝をさらった有名店なので知ってる方も多いであろう。開店前から既にこの行列、その味は本物なのか、それとも…
なんつっ亭1

50分ほど並んでようやく憧れのなんつっ亭ラーメンにありつく。うおお、真っ黒だ…これが噂のマー油(焦がしニンニク油)か。具はのり、もやし、刻み細ネギ、チャーシューとシンプルで器も小さめですが、スープをすすると…
なんつっ亭2

こ、これは…
見た目に反してスープは臭みが無く、脂っこさも感じず、上品な味わい。もっとニンニク臭いものと予想していたのですが、この味なら女性にも受ける筈。トゲの無い後味もすっきりとしたスープで、かつとんこつの優しい丸みのある香りが口いっぱいに広がります。
なんつっ亭3

チャーシューも厚めで柔らかく、スープに負けない味を主張している。素朴な味のシャキシャキもやしが口直しになり、箸が進む。
なんつっ亭5

完食!ごっつぁんです!
噂通りの味でした。もう一杯食べても良いくらい美味しかった。
また品川に来る機会があったら是非寄りたいですな。
ゆりかもめ先頭車両

休む間もなく、次に向かったのはお台場。
目標はデックス東京ビーチ、マッスルパーク!…の前に東京レジャーランドでボロボロの体をマッサージ機で回復に向かいました(ぇ
デックス 東京ビーチへ

回復を終え、お台場海浜公園でゆりかもめを下車。次第に空も晴れ、人も増えてきました。
モンスターバーガー

次に紹介するのがここ、デックス東京ビーチ五階にあるマッスルパーク内にあるモンスターバーガー。このお店では、
跳び箱バーガー2

こんなにバカでかい通称跳び箱バーガーと呼ばれるハンバーガーを楽しめます。
跳び箱バーガー3

これが箱の中身。
かなり大きく見えるかもしれませんが、実際はメガマックと同等かそれより下。ちょっとがっかりです。値段も1000円以上と高く、物足りなさを感じずにはいられません。とはいえ、さすがに一人で食べるのはキツイので友人と半分ずつ食べました。味も普通かなぁ。
ビーナスフォート1

食後はビーナスフォートをぶらついて次の戦いに備える。
この日はビックサイトでコミックなんとか、というイベントが開催されていたらしく、ゆりかもめは満員状態、すぐ東京駅に向かうのは危険と判断し、ほとぼりが冷めるまでここで時間を潰していました。
ビーナスフォート2

(クリックで拡大)
この場所には色々と思い入れがあるのですが、
多くは語るまい。イベント時にはイルミネーションが飾られ、奥では結婚式も開けるそうです。
無双状態

いよいよ舞台は最終決戦地、秋葉原。
今ではすっかり街も様変わりし、オタクの聖地というよりB級グルメの街、と言った方がしっくりくる観光地と化しています。各地からの観光客の他、外人さんやいつものオタクっぽい人達、メイド、スネ毛のまぶしい女装マニア等、GWも手伝ってか、街はカオスっぷり全開です。この人ごみの中、メイド喫茶でデートコースを選ぶ兵(つわもの)までいるくらい。だが、俺が目指しているのはメイドでもアニメでもない。「面白味」だ…!
ドラゴンアイス

やってきたのは前回食べ損ねたドラゴンアイス。
ここでは看板メニューのドラゴンアイスの他、もっふるたんと呼ばれるフライサンドを販売しています。そのもっふるたんが狙いだったのですが、周囲を見渡してみると…
珍たこ焼き屋

あれ?すぐ隣にタコ焼き屋が開店してるじゃないか。
どうやらつい最近開店したばかりのお店らしい。ソースの香ばしい匂いが鼻をくすぐります。しかしドラゴンアイスと比べて客足はサッパリの様子。人の前習えなんてしてやらねぇ!新しい線路を作るのが俺のスタイルだ…という事でタコ焼き屋に歩を進めるのであった。
おしながき1

メニューを見てみると…
なんと、キャビアにトリュフ、ふ、ふ、フォアグラだと!?
高級食材ばかりじゃないか…面白い…実に面白そうだ!だが人気商品の為か、既に完売してしまったらしい。他のメニューを見てみよう。
おしながき2

く、クマーーー!?
それにワニだと!?畜生!これも売り切れかよ!

仕方ない…他のを見てみよう(←食う気満々)
おしながき3

にしき蛇のフィレ肉

らくだのコブ肉


あ、あの…ここタコ焼き屋なんでつよね?
だんだん人の食物からかけ離れてきてる気がするんですけど。
これも売り切れかよ…食べる奴の気が知れねぇぜ(←同系)
他に残ってるのは、と…
おしながき4

亀かよ。

あられだけで勘弁してほしいものです(爆)
亀…嫌な予感が脳裏をよぎる。すると最後のメニューはまさか
おしながき5

ああ…次は頭の方か…(吐血)

馬のち〇ち〇…
馬のちち…
馬の乳?!クリィーミーな口あたり!
どう考えてもアレでつね、え、ええ。

これだけはさすがに避けたいなぁ。
ここで店名が「ゲテQ」と判明。
なんという潔さ…恐らく秋葉原一の珍店はここであろう。
ちょ、おま、
タコ焼きの暖簾掛けてんのにタコ入ったやつないの?(爆)

どうやらセット買いもできるようなので、残ったやつで適当に作ってもらうか…
おしながき6

ち〇ち〇一択ですか。

何?野毛に続いて今年のGWはち〇ち〇祭りでつか?
ああ…ゴールデンだからそれも妥当かもね…(アホ)

俺「あの、残ってるのコレだけでしょうか?」
店「ええ~、馬のち…だけでしてwwww」

やっぱやめとこう…
馬のち〇ち〇フルコースなんて食えるかっ
しかし、背後からは「チャレンジャーだな」との呟きが。
そうだ…俺はいつだって挑戦者でいなければならない。
残された道がひとつなら、全力全霊で挑むのが男というものだ。それが俺の宿命であり、望むところ。「馬のち〇ち〇六個入りお願いします
ゲテQ素材一覧

(クリックで拡大)
生前の素材達。
「パラメディック…馬のち〇ち〇って美味いのか?」
(↑大塚ボイスで)
例のアレ

20分後…
どうやら同じ勇者がいたらしく、かなり待つハメに。
これが例のお宝入り。見た目は普通のタコ焼きですが…知らない方が良い真実ってのはあるもんですね、共食いでもするかのような抵抗感に苛まれます。しかし出された料理は残さず食べるもの。食ってみなけりゃわからない~♪食ってみなけりゃわからない~♪食ってみな~けりゃ♪山〇の煮豆~♪…静岡人じゃなきゃわからないネタか…(ぇ
中身は…

見ない方が良いとは思いますが、
真実は知っておいてもらおうか…これがお馬さんの元気玉だ!
ちんたこ1

(苦手な人は注意・クリックで拡大)

断面層が痛々しいです(思わずくの字)
それでは一口……食感は……





すごく…コリコリしています…




20080427-202556-00186800.gif


ち〇ち〇うまうま~♪


やかましいわっ
例えるなら砂肝みたいな食感。
噛みしめるほどに馬味(うまみ)が出てきます。確かに普通に美味しいですね、アレとわかってなければ(死)ちょっと時間をかけすぎて焼いたせいか、中身のトロトロ具合がイマイチ。なんか誤解されそうな感想だな(爆)

…?なんだか…体が熱くなってきたような。

とっくにご存知なんだろう?

俺はお馬さんの元気玉によって目覚めた究極の戦士…

超グリードだ!

みんな…ちょっとずつでいい、



オラの元気を受けてくれ!(最低)



GREED BALL 完

4 Comments

自  

ものすごく楽しい記事で、一気に読んでしまいました。

しかし、私までおなかいっぱいになったのはなぜだろう。

2008/05/05 (Mon) 13:02 | EDIT | REPLY |   

ぷっさん  

グリードさんおひさしぶりです!

ゲテQの一択で声をあげてわらいましたw
さ…最後のゴールデン玉i-282i-282i-282
そのチャレンジ精神に感動しました…!!
読んでて私も出かけた気分になりましたw

2008/05/05 (Mon) 17:47 | EDIT | REPLY |   

イスナ  

ボーボー麺か……

きっとすっごいちぢれてるんでしょうね(爆

2008/05/05 (Mon) 21:41 | EDIT | REPLY |   

グリード・スネーク  

そして俺は珍世界の神となる(マテ)

>自由研究さん
自分はもう胸焼け起こしそうです(爆)それでもなんつっ亭のラーメンはまた食べに行きたいですね~

>ぷっさん
お久し振りです~!
次があったら残りのメニューも全覇してきますよ(吐血)それまで店があれば、の話ですが…(ぇ

>イスナさん
手打ちでちぢれさせてるのかな…(爆)
なんでもちんちんラーメンを注文すると主人が「ちんちん一丁!」と大きな声で応え、女性用の「小さいちんちん」もあるそうです(爆死)

どうでもいいけど中国では「乾杯」を
「ちんちん」と言うらしい…

2008/05/06 (Tue) 03:46 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment