ひつまぶしっ!

一粒で三度おいしい、そんな創作ブログ。

自分が下手と認識できるのは、とても幸せな事じゃよ。

絵理間 十勝

やっと利き腕解放!
…と思ってたら皿洗い中に思いっきり指をぶつけてまた出血orz
乾かしていた方が治りが早いので何も貼ってなかったのがマズかった。という訳で今日も看板娘のお色直し。第22看板娘、絵理間 十勝をメイクアップしてゆく。やっぱり細かい塗りは辛いな…痛みはあるとはいえ、利き腕で描けるってのはありがたい事です。普段当然のように使っている腕、確認する為の眼…失って初めてそのありがたみが分かります。

前回のイラストミッションではそれを改めて思い知りました。自分の欠点を視覚的に突きつけられるのは辛いものですが、それを確認修正できるってだけで十分恵まれてると思う。これは以前に目を怪我した時にも痛感しました。視覚が無ければそこを直そうとも考えられないしね。下手でなければ(気付かなければ)改正する喜びすら湧いてこない。見えない方がいいって言われたらそれまでですけどね 盲目の絵描きさんは絵は描けても視覚的に自分の絵を確認する事はできない訳で。それってどんな気持ちなんだろう。それを考えると下手と言えるのは贅沢のような気もします。

ぬぅ、よくわからん文になってしまった。
要するに五体満足に描けるってのは幸せって事だ(ええ~)
絵理間 十勝 全体

とかちん全身、第一改正。
「ついでにとんちんかん」みたいなお名前です。
モチーフはエリマキトカゲなのでややガニマタですw
イモリとヤモリが合体して何故エリマキトカゲなんだとか聞かないように。膝当てや手甲、着物の柄とかは今後描きこむとして、まずはもう少しエリマキっぽくしないと駄目かな。でも他キャラとのバランスを考慮するとこれ以上ゴテゴテにはしたくない。100人全員を版権レベルまで昇華させられるのはいつの日か…

長いので続く 版権レベルといっても特に目標はないんだけどね(え)
そもそもアニメも漫画もほとんど見てないし。アニメは放映すらされてないし、漫画は絵よりストーリーを楽しむ方なので、参考にしているのはパーツぐらいです。自分を試し、想像力、構想力を鍛えるのが当ブログ真の目的。半分はネタだけど。昔越えられなかった壁を越えたいってのもあるけどね。

物作りの仕事において自分で考えるというのは非常に重要。例えばバイクのマフラー作って、と依頼があれば、その場で工程数、人員、加工する為の金型、おおまかな設計図、加工に伴う不具合の可能性を瞬間構成しなければなりません。今は不具合修正案や工程の円滑化程度の構想力しかありませんが、いつかは自分も創作絵を通じ、瞬時に図面を構想できる力を身に付けたい。

0 Comments

Leave a comment