ひつまぶしっ!

一粒で三度おいしい、そんな創作ブログ。

秘密のデザート!飛騨・おっぱいプリン

おっぱいプリン

今回は前回と同じく飛騨旅行で見つけた珍土産、「飛騨おっぱいプリン」を紹介しよう。ちょっとHなので続きから見てね☆

続きますよ↓ おつぱいプリン2

側面から中を見てみるとこんな感じになってます。
開けると飛び出す絵本のような構造をしているようです。
それでは開けてみましょう…


おつぱいプリン3

ナイスバデイのお姉ちゃんキターーー!www
ご丁寧にブラで二重梱包している所がにくいです。
さぁ…いよいよヘブンズドアを開くぜ!(ぇ
おつぱいプリン4

ブラはフロントホックになっています。
なんだかフィギュアの着せ替えしてハァハァしてる変態さんになった気分です。一応書いておくけど、俺にんな趣味はないぞ!本物なら以下略(爆)
おつぱいプリン5

「おっぱいミサイル発射ーー!!!」

な、なんという汚れを知らない色彩をした山頂(マテ)
これは…さすがに食べるのは悩みますな…
どこから頂いていいのか(そっちかよ)
おつぱいプリン6

(クリックで拡大)
大人の学研、みたいな。
耳の部分を良く見てもらうと分ると思いますが、イヤリングになっているのは飛騨名物「さるぼぼ」です。さるぼぼというのは猿を模した人形で、厄除けや安産祈願を込めて昔から作られているものです。ちなみにぼぼというのは赤ちゃんの意。つまり安産を願ってこんな風に迫ってくるという事はうわおまえなにを
おつぱいプリン7

さらにめくるとプリンとスプーン、カラメルが見えてきます。
楽屋裏を見てガックリする瞬間ですorz
おつぱいプリン8

では中身を取り出してみましょう。
何故、人は山に登る?
そこに山があるからさ、とよく耳にしますが、なんとなくその気持ちが理解できたような気がします(ちょっ、おま)
おつぱいプリン9

……は?

あれ?頭頂部が…消えた!?

どうやら山頂が付いているのは容器だけのようです。

ち く しょ う……

おつぱいプリン10

せっかくなのでちょいと加工して

おしりぷりん☆

を創作してみた…

おお、なかなか良いおしりっぷりwwww
おつぱいプリン12

更にカラメルソースでハムたんを描いてみたw
耳はソースぎれで描けなかったorz
一歩間違えると非常にヤヴァい絵になりそうです(爆死)
おつぱいプリン13

ぬぅ…どすこいタンにそっくりだな…
どすこい

↑コレ

「ぜんぜん似てないお!新年早々これかお!」

「口元は似てると思う」(え~)
おつぱいプリン14

味は普通にプリンの味がしますが、常温保存も手伝ってか、舌触りはあまりよくないですね。プッチンプリンの方がずっと美味しいです。このプリン、どうやら横浜版や大阪版もあるそうで、大阪のプリンは開けると「なめたらあかんで~」というフキダシが付いています。そんな事言われたらもう以下略。
おつぱいプリン15

色々な意味で

ごっつぁんでした…!!!(合掌)

2 Comments

イスナ  

プリンというか まるで豆腐のようですね

頭頂部はネコ型生物の蛇さんの機転でなんとか!(笑

しかしおっぱいプリンの話なのにやはりハムタソを忘れないその愛でお腹いっぱいです(ウッセィ

2008/01/13 (Sun) 22:11 | EDIT | REPLY |   

グリード・スネーク  

ちゃんとした形の乙牌プリンもあるそうな

もちろん山頂もある…(真顔で)

>イスナさん
実際作るとなると容器作りからですね…
ただの半円だったら作るのは簡単ですが、
やはり山頂が大きな壁となるでしょう。
キチンとした型が取れれば…
そこの君!乙牌の型を取らせてくれたまえ(撲殺)

>ハムタソを忘れないその愛
ハムタソはおっぱいと同等の価値があるのです(爆)

2008/01/14 (Mon) 06:30 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment