ひつまぶしっ!

一粒で三度おいしい、そんな創作ブログ。

フランスのお菓子「カヌレ」を初めて作って優勝するわね

カヌレ1
今回はカヌレというお菓子作りに初挑戦です。
フランスのお菓子で、ラム酒とバニラの香る外側はカリカリ、中身はしっとり系のお菓子です。
それではさっそく優勝していきましょう。
カヌレ5
材料は生地に中力粉、牛乳、バター、砂糖、卵、バニラビーンズ、ラム酒。
分量は動画等で見てください(マテ)
生地を合わせたら24~48時間冷蔵庫で寝かします。

カヌレ4
寝かせたら生地を常温にしておき、専用容器の内側にバターをしっかり塗ります。
これを怠ると焼いた時引っ付いて外しにくくなります。

カヌレ3
容器に生地を注ぎます。
このくらいの量にしておけば焼いた時にはみ出しません。
200℃くらいで15分焼き、その後180℃で50分くらい焼きます。時々様子を見ながら
焼き足りなければ温度と時間を調整してください。

カヌレ2
焼きあがったら網の上に容器をひっくり返して取り出します。
バターがしっかり塗ってあればこのようスルっと外れて艶やかに仕上がります。
焼きが足りないと自重で潰れてしまうので、やや焦がし気味にすると良いと思います。

カヌレ1
仕上げにホワイトチョコと抹茶でトッピング。
砂糖多めのお菓子なので渋みを加えてアクセントを加えると良いかも。
今回も一発成功でした!失敗したら材料費たまんないですからね…
歯応えは日本の黒糖かりんとうに似てるかも。中身はしっとりでラム酒の良い香りが鼻をくすぐります。
容器の形がカボチャっぽいのでプリンとかにも使えそうですね。
手間はかかりましたが大好評の一品に仕上がりました。
お菓子作り楽しいね~、絵を描くの忘れちゃうわ(マテ)

0 Comments

Leave a comment