ひつまぶしっ!

一粒で三度おいしい、そんな創作ブログ。

電動バイクを試乗に東京・赤坂のショールームへ

EKhWGlCUcAAOL-D.jpg
電動バイク購入を予定している為、赤坂にあるアディバさんへお邪魔してきました。
このVX-1という車種が前々から気になっていて、動画等でもよく見ていた事もあり、
直接触れてみたくて来ちゃいました。いやぁ…カッコイイですね、
某アニメ映画の金〇のバイクを彷彿とさせるデザインです。
ちょっと前の電動バイクってたった30キロ程度しか走らず、今でさえ50か60が国内メーカーの
限界。海外では既に100キロ超えのバイクは当たり前になってきています。
値段が高いでしょと思われるかもしれませんが、100キロタイプでも30万くらいに下がって
きている。日本がどれだけ遅れているかを痛感しました。

排ガスで馬鹿にしていた中国もすっかりEVバイクが浸透してますし、
台湾とかも通勤にEVを自転車みたく使っており、充電にはバッテリーごと交換というインフラ整備
も成されている。日本は未だに電車で寿司詰め&人身事故による足止めが連日ですよ…
最近話題のXEAM(ジーム)から出ているEVバイクが現実的かな、
EVバイク入門にはちょうどいいと思う。ここから紹介動画へ飛べます。
これを試験的にレンタルから始めて、とっととインフラ整備すればいい。どうせ四輪EVなんて流行らないし。

高すぎるし航続距離も短い、結局渋滞、駐車場も圧迫されますからね…
小回りの利くバイクの方が現実的。

EKi4LD0UUAAvkwC.jpg
話がやや脱線しましたが、EVバイクが海外で急成長しているのは事実。
VX-1の車体は大きめで存在感も抜群。最高速度は120キロ、航続距離は100キロ以上。
バッテリー量によって値段と重量、航続距離が変わってきて、自分が欲しいのは
200キロ走るタイプ。150万くらいしますが、このフォルムと性能からすれば安いかも。

モーターなので当然排気音はしませんし、メンテナンスも不要です。
これは大きいですね…電気代は自宅の発電システムを使えばほぼタダですし、
遠出しても充電スタンドは一回くらいしか使わないので苦にならない。
また、スタートから最高速まで6秒と加速がかなりパワフルで、二人乗りできて
高速道路も走れます。回生ブレーキも勿論ありますし、停車時にはバックもできる。
これは大型バイクの取り回しにはありがたい機能ですね。

今回公道は走りませんでしたが、普通二輪免許でこんなパワフルバイクが乗れちゃいます。
現在のモデルはチャデモ(高速充電器)に未対応の為、来年発売されるという改良版まで
待とうかと。あと200v充電の工事も必要です。

EKhWFtmU8AAISfS.jpg
計器類はブルーのバックライトで表示され、夜間は一際目立ちます。
加速の際にキュイーンと心地良いモーター音もするので、通行人がみんな振り返りますw
バイカーの人にとっては嬉しいんじゃないですかね、自分は単に未来車への
憧れが強いのですが。欲を言えばハロゲン球をLEDに変えて欲しいかな。
少しでも航続距離を伸ばしたいし、寿命も長くしたい。
あと、ツールボックス内にはUSB充電ができる差し込み口が二つあり、
ここからスマホに充電してナビも使えます。バイクの充電ソケットもここにあります。
メットインはフルフェイスもいけましたね、思ったより電池に圧迫されておらず、
ETC本体もここへ内蔵できそうなスペースがありました。
早く手に入れたいな…


まぁ、まだ普通二輪免許はとってないんで今勉強中なんですけどね(爆)

0 Comments

Leave a comment