綺麗に見せようという先入観から陥る罠

 10, 2013 01:54
かぼたん試し塗り
言うまでもなく、イラストは線画と塗りの両立によって成されるものですが、
未熟な頃はどの程度の描き込みの線画に対し、どんな色使いをして良いのか悩むと思う。自分のを過去に遡って客観的に見直してみると、

1 色が鮮やかすぎる
2 光彩(ハイライト)を無意味に多用している
3 塗りにメリハリがない(考え無しにグラデーションを多用している)
4 線に立体感がない(イリヌキが弱い)

…と、いった所だろうか。
これは初期には誰でも経験してるんじゃないかな。線画の拙さを鮮やかな色で誤魔化そうとしてるんですな。でもこの過ちは無駄じゃない。この柄に対してこの色はおかしい、と毎回疑えるから。それはやがて力となる。線画と色までトレースして上手くなった気でいると、こうした『経験者の目』が育たない。

Tag:イラスト sai 萌え CG 看板娘 オリジナルキャラ SAI

COMMENT 0

WHAT'S NEW?