ひつまぶしっ!

一粒で三度おいしい、そんな創作ブログ。

背景と厚塗りは料理にも応用できる

カレーポトフ
寒くなってきたので圧力鍋でピリ辛カレーポトフを作りました。
キャベツ、玉ねぎ、ジャガイモ、粗挽きウインナー、人参、冬瓜、セロリをガラムマサラ、クミン、ターメリックと塩コショウ、唐辛子、コンソメで味付け、更に月桂樹で香りをつける。これが温まるんだな。何気に薬膳料理でもあります。

見栄えを良くするには厚塗りと同じで、暗い色のものを奥に配置して明るい色の食材を手前に持ってくればいい。そうすると色彩にメリハリが出るので背景を描く様に盛り付けができる訳だ。スマフォで撮ったやつなのでちょっと画質悪いけど。
トマトポトフ
こちらは先週に作ったトマトポトフ
通常のポトフを大量に作ると飽きがくる為、酸味や辛味を足す事で解決。
上記の様に異なる色彩を放つ具を前面にもってくればより鮮やかに。
逆に同色を並べてしまうとくすんで見えてしまう。これも背景塗りと同じ。
試しに一切色を伸ばさずに具材のような配置で色をストレートに塗ってみるといい。
それを遠くから見てリアルに見えればコツを掴んできた証拠。

1 Comments

-  

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2012/11/06 (Tue) 15:09 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment