エコ生活の結果発表☆

 02, 2011 15:05
DSCF2176.jpg
寒くなってきたので今回は温かいものを。
デトックス本に載っていた毒出しレシピを自分なりにアレンジした、ラタトゥイユ風トマトポトフ。ズッキーニを主役にセロリ、人参、トマト、大豆を圧力鍋で仕上げたもの。肉は入ってないけど低脂肪で高たんぱく、カロリーも当然控えめ。トマトの酸味とクセのないズッキーニのホクホク感が食欲をそそる一品だ。

今回は修業期間中に行った節約・節電の方法と結果を紹介。
これを行えば一カ月の電気料金がこんなに安くなる!

↓続きますよ↓
DSCF2187.jpg
まず使用電力が多く、常時使っているものから対策。
冷蔵庫は二重扉にし、外気が入らないよう節電対策。
基本だけどこうした積み重ねが大事。
特に夏期の開け閉めは冷気をほとんど取られ、その度に冷やそう冷やそうと電力が喰われるので、やっておいて損はない。電気湯沸かしも使わず、一日に使う分だけガスで沸かして魔法瓶に入れておく。

DSCF2186.jpg
使っている家電がいくら電力を喰われているかも知っておいた方がいい。たとえばコレ。一回につき一円。意外にもこれは一回分の洗濯機の電気料金である。洗濯機の場合は電気より水道料金がかかる。電気を膨大に使う代表的のものは、熱を発するドライヤー(1000wとか)、電気ポット、電気カーペット、エアコン等。これらを重点的に対策する事で大きく電気料金を減らせる。

DSCF2184.jpg
無理のないエコ生活で一カ月の電気料金はこれだけ。
常時使っている冷蔵庫が主で、あとはエアコンくらいか。
電球は全てLED、テレビを見る時は部屋をやや暗めにして自動光量を低く保ち、電気ポットやドライヤーは使わない。結果、全ての電化製品を同時に使ってもドライヤー一機分にも達しないので、アンペアも30Aから15Aに変更している(15Aは1500Wまで使用可能)これにより基本料金が半分に下げられているのだ。夏場はさすがに3000は越えるけどね。

DSCF2191.jpg
んで、電気、ガス、水道料金はカード払いに一括すればポイントも溜まりお米と交換だってできる。一カ月の食費も贅沢をしなければ一万に抑える事も可能となった。浮いたお金は貯金や旅費に回し、どうしたらもっと無駄を省けるかを楽しみながら続けています。

Tag:節電 エコ

COMMENT 0

WHAT'S NEW?