ひつまぶしっ!

一粒で三度おいしい、そんな創作ブログ。

61人目のオリキャラと、塗りで動きの表現

新看板娘
メイキングを描いてたら新しいキャラが閃いたので、イメージが消えないうちにラフ描き。線画、塗り、ディフュージョン、背景の全てをマウスで描いていますが、まだペンタブの速度には追いつけない。ついでにジブリ本を見てやってみたかった「塗りで動きの表現」を試してみました。

背景で動きの表現
(クリックで少し拡大)
これはモーションぼかしを機能に頼らず自力で塗るもので、キャラはカメラのピントに合わせた状態で、背景をキャラの動きに合わせて塗り伸ばす技術です。ちなみに背景は厚塗りですが、逆光の場合は明るい色の上に暗い色を塗り重ねて遠近感を出します。これらを複数組み合わせればラフでもパっと見は良く見える。この絵の場合、キャラにも逆光の影を重ねて木漏れ日の表現+モーション塗りを加えればアニメのワンシーンっぽくなるだろう。

今回はパースを使わずに描いてみましたが、今までに比べてすんなり人型が描けたような気がする。デザイン力は相変わらず残念だけど、穴が多い程に埋めていくのが楽しい。キャラクターを育てていく喜びみたいな。創作の面白さって、そこにあると思う。あと、キャラは最近食べたものの擬人化です。食い物ばっかりだな!
助惣鱈鍋
食べ物といえば助惣鱈の鍋を作りました。
鍋の季節ともお別れかと思いきや、また寒さが厳しくなってきたので。味噌仕立てで、シメはラーメン。乾麺なので良い具合にスープを吸う吸う。今日は手軽に鮭雑炊でもするかー

0 Comments

Leave a comment