ひつまぶしっ!

一粒で三度おいしい、そんな創作ブログ。

萌え系を厚塗りで描く難しさ

厚塗りで萌え系
今回はクリーチャーイラストと同じ厚塗りで萌え系イラストを描くテスト。
基本は同じ重ね塗りですが、メカやクリーチャーと違いムラが多いと台無しになってしまう。厚塗りはどちらかといえばリアル絵に向いた塗りなので、絵柄もリアル寄りにしないとバランスが悪くなる。かといってリアルすぎると萌え絵というよりただ濃い絵になってしまうから難しい。

アニメ塗りならアニメ塗りに適した絵柄、例えば目が大きめだったり線のイリヌキが明確なものにし、水彩なら線は淡く、厚塗りならリアルかその中間の絵柄に調整する必要がある。なので全ての絵柄を習得してしまえば描き分けも可能になるだろう、という短絡的発想で色々な絵柄に挑戦しているのですが、まだアニメとリアルの中間という理想の形は見えてきませんな。

4 Comments

IKU  

初めまして。
あまりにも好みの女の子絵だったのでカキコしちゃいました。
本当に美しいです。こういう影が有りそうなダークな感じの女の子キャラが好きなので見入っていました。
髪の毛のグレーとかも素敵です。
これからもちょくちょく拝見させて下さい。更新楽しみにしてます。頑張って下さい。では、失礼します。

2011/02/17 (Thu) 21:05 | EDIT | REPLY |   

貧蛇  

ウワァアアン(ノД`)・゜・。

>IKUさん
いらっしゃいませ!
勿体ないお言葉ありがとうございます(ノД`)・゜・。
女性からそう感じて頂けるととても心強いです。男視点だとどうしても露出に目が行ってしまいがちなので… 黒は女性を美しく魅せますからね、髪も表情のひとつとして考えています。

IKUさんもマウスで描かれるんですね。ナカーマ!(オチツケ)
こちらこそ改めてお邪魔させて頂きます。

2011/02/18 (Fri) 10:16 | EDIT | REPLY |   

IKU  

何回もお邪魔してゴメンなさい

コメント何回もしつこくてゴメンなさい。
あの、今更ながらフォトショップの境界線の描き方とか、初心者の為のフォトショップ講座がたいへん勉強になりました;有難うございました^^。あと、水面の塗り方も。
私はフォトショといっても6.0の古いのしか持ってないしそれぐらいしか使えないのですが、他のソフトの塗り方でもとっても参考になりました。これからもお身体が許す限り、フォトショの講座などして頂けると嬉しいです。
マウス描き、やっぱり大変ですよね。肩とか、腕とか…><
ペンタブ、欲しいけど私の場合、使いこなせるかどうか不安で買えません><

イラスト、お身体ご自愛しながら頑張って下さい♪
では、長文失礼しました。

2011/02/19 (Sat) 00:11 | EDIT | REPLY |   

貧蛇  

いえいえ~

>IKUさん
寧ろどんどん技を盗んでいってください、
自分もそれで更に貪欲に次の技を貪れます(自重シロ)

自分も小ネタ程度しかフォトショの技は習得していませんが、なるべく実用的で応用の可能なものを紹介していく予定です。

マウスにはマウスの、ペンタブにはペンタブの良い所がありますからね、やはり線画を描く際には筆圧のあるペンタブはありがたいです。

2011/02/19 (Sat) 03:48 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment