ひつまぶしっ!

一粒で三度おいしい、そんな創作ブログ。

猪ベーコン作ったお( ^ω^)

猪ベーコン料理
昨日は猪肉を使った自家製ベーコン料理を研究しておりました。
猪肉は豚と比べて肉質は硬く、部位や食べてきたものによっては獣臭もするので下ごしらえを色々考える必要がある。漬け込み液に入れるハーブを多めにしたり、あらかじめ肉を叩いておくとかね。

今回の料理は一週間熟成させた猪肉ベーコンを薄くスライスし、エリンギ、アスパラと一緒に炒めてみますた。ベーコンは脂が多いので、エリンギと半々で入れます。こうすると炒めたエリンギが肉汁を吸い、食感も肉のようになってくるのでカロリーオフにも繋がります。アスパラは舌休めに食せば肉と野菜、バランス良く箸が進む。ベーコンの作り方はこちら↓

スネーク風ベーコンの作り方・前編
スネーク風ベーコンの作り方・後編
ベーコン料理の一部

見ての通りダンボールでも作れるので、アウトドアでも挑戦してネ!
DSCF1751.jpg
左から猪ベーコン、鳥胸ベーコン、豚バラのベーコン。
豚バラベーコンは半分食べかけ(ぇ 相変わらず安定した美味さ。
鳥胸ベーコンは脂が少なく女性にお勧めかな。
炒めるよりサラダやサンドイッチにするのがお勧め。
猪はやはり硬さがネック。つまみ程度なら硬いままの方が良いのですが、メインとなるとこのままでは厳しい。豚バラレベルに柔らかくする方法はないものか…以前、某料理アニメの真似をして重層を使って肉を柔らかくした事があったのですが、確かに柔らかくなったけど味が未知の不味さでした。後日談で作者も「あれほとんど想像。てへ☆」みたいな事言っていたとか。料理にこれでいいはない、確かにナー(爆)

※後で調べたら水200mlに対して重曹4~5gを入れて漬けるそうです。
単純に入れすぎたのかorz

0 Comments

Leave a comment