いつものイラストをプロっぽく見せる方法

 22, 2011 20:32
田町さん改
グロー効果とディフュージョン講座用に描いている由羅のイラスト
とりあえず効果の出し終えるまでの速度は30秒以内まで早める事ができた。順序さえ覚えてしまえばそれほど難しくないかな。こうするとアニメのワンシーン(っぽく)見えるけど、結局は線画と塗りの基本が駄目だと理想通りにはいかない。今の10倍は上達しないとあの領域には踏み込めない…みなぎってきた!(そこで?)

グロー効果とディフュージョンはどちらも光の拡散表現法のひとつですが、違いはグロー効果は対象そのものが発光している表現、ディフュージョンは対象に光が当たって拡散している表現、です。文だけだとパッとしないので、来週から画像付きで三回に分けて紹介していく予定です。

DSCF1686.jpg
本当ならとっくに講座はしていたんだけど、親父がこういう時に限って大漁だったんで、ずっと卍解して魚を捌いていたのさ…これは高級魚のひとつ、アマダイ。

DSCF1703.jpg
まずは刺身。
タイというだけあり味はタイに似ているけど、若干さっぱり味。
ウロコを剥がして皮に熱湯をかける「湯引き」処理をしてあります。

DSCF1704.jpg
アマダイの煮付け。
以前作ったキンメの煮付けを記憶していたので同じ配分でやってみたらストライク。甘辛く煮付けた白身は柔らかく、上品な舌触り。特におばあちゃんに人気がありました。味…ちゃんと分かってるか疑問だけど(爆)

DSCF1706.jpg
アマダイの塩焼き。
どちらかといえばアマダイは加熱した方が美味いと思う。
脂はタイに比べて少ないけど、加熱するとコクが出てくるのだ。
また、ウロコは油で揚げてウロコ煎餅とかにしてもいただける。

DSCF1708.jpg
残った頭やアラを使って味噌汁に。
これが美味しい。脂は少ないのに非常に良いダシが出る。
残ったやつはちょうどいい気温だし、開いて干物にでもするか…

Tag:イラスト 萌え sai 看板娘 CG SAI 講座

COMMENT 0

WHAT'S NEW?