ひつまぶしっ!

一粒で三度おいしい、そんな創作ブログ。

オリキャラ創造・設定画其の壱

サイドワインダー
前回に続いて今日も新キャラの創造。
妖魔っ娘系新キャラの一人、ガラガラ蛇のサイドワインダーたん。
以前、講座用にディフォルメキャラとして登場しましたが、通常等身での公開は初めて。蛇の擬人化というと胴体部分をどうするかが非常に悩むポイントです。胴体が蛇だと女の子の魅力のひとつである足が描けない。かといって足を描くと蛇っぽくなくなる。そんな時にはどうするか?代用となるパーツを考えればいい。

サイドワインダー仮設定画
これはデザイン思考中の全体画。
胴体を髪で補い、カチューシャ、髪型等で頭部を蛇っぽく仕上げ、構えもそれっぽく構図をとり、シルエットで蛇らしく仕上げていく。武装はヨコバイガラガラ蛇に合わせ、横から突き刺すショテルという実在の武器を装備させる。更に蛇関連として髪飾りに蛇苺を。網タイツは蛇の鱗を模している。

こうして擬人化の対象に関連したアイテムやキーワードを色々組み合わせていけば、個性的なキャラクターは無限に生み出す事ができる。無論、擬人化というだけあるのでベースとなる人体の基本は学ぶ必要がある。自分は女性の体型基準は女性作家のイラストを参考にしています。

何故なら、多くは異性を描く際、理想が先行しすぎて体型バランスに偏りが発生するから。背が異様に高かったり、露出が高すぎる…互いのを見て違和感が湧いた事はあるだろう。理想ばかりを追い求めれば、それは視野を狭め、やがてマンネリ化(同じような)を招く。客観的視点でものを見るのは難しいものですが、自分の知りたい技のほとんどは見ようとしていないそこにあるものだ。

0 Comments

Leave a comment