蟷螂ギャルゲ塗り
ツインテ黒髪っ娘の蟷螂タソを今回はギャルゲ塗りでお試し。
フリルの立体感と自然体の表現が難しい。模写は無し。
これでアニメ塗り、厚塗り、水彩塗りの基本程度は切り替えられるようになったかな。個人的には厚塗りが一番楽だと思う。レイヤー2~3枚もあれば十分だし、強引に塗りで成形できて大雑把な自分に最も適した塗りに感じます。

厚塗りはキャラだけでなく背景等にも威力を発揮するけど、キャラの衣装にも有効。ゴッツイ鎧とか服の質感を出すには厚塗りが使えればテクスチャとか使わずに済みますし、質感も出せて塗りのスキルもどんどん上達していくと思う。異なる塗りと組み合わせれば面白いにもなるしね。

Tag:イラスト sai 萌え CG 看板娘 オリジナルキャラ SAI 講座

厚塗り試作2
今回は自分の持ち味で厚塗り練習。
レイヤーは1枚のみ、光彩や乗算を使わずアナログに近い塗りでイメージ描写したもの。リアル系はなるべく色彩を抑えて色を伸ばし過ぎないように塗る。光彩やスクリーンをやたら使うと嘘臭い色になるので、ベースの色からいかに自然体の色を自分の目で選んで重ね塗るかが重要になる。機能に頼りすぎると自分の目で選色するのが難しくなってくるので、背景塗りから練習するのもいいかも。

Tag:イラスト sai 萌え CG 看板娘 オリジナルキャラ

3.jpg
前回のに違和感があった為、マウスで改良したもの。
どこが変わったか解るかな?ほんの数ドットの差ですが、全然違います。リアルの美人さんもそうですが、左右のほんの少しのズレや歪みで台無しになってしまうもの。これを修正のできるイラストでいつまでも放っておくと、歪みが見切れず「あたりまえ」と錯覚、思い込むようになる。これも上達を妨げるひとつの要因。

めんどくさい、とか、個性だから、とか言い訳ばかりしてる人はまず伸びない。積極的に基本から地道に学んでいくのが一番の近道だと思う。Twitterでも巨匠師の努力は痛く伝わりました。自分のなんか全然努力になってないくらいにね。しかし1ドットの努力でも、積み重ねれば確実に高画質へと繋がります。

でも萌え系はほんの数ドットの差で台無しになるから大嫌いです。
大嫌い♪大嫌い♪大嫌い♪大好き♪イエァアアアアア!!!!!! (どっちやねん)

Tag:イラスト sai 萌え CG 看板娘 オリジナルキャラ SAI 講座

リハビリ2
第一看板娘の田町さん。
これもペンタブのリハビリに描いたもの。ついでに新しい塗りの組み合わせで柄を変化させてみますた。例のインテュオス5を使おうかと思っていたのですが、どういう訳かsaiで使うと誤動作がひどく、3のままで作画しましたorz

とはいえ、3のままでもマウスに比べれば遥かに描き易いので、saiではラフ、仕上げにフォトショを開いて5で精密作画、というパターンで進めようかと。saiとフォトショで塗りの仕上がりが大きく異なってきますしね、できれば両方の塗りを使いこなせるようになりたい。

Tag:イラスト sai 萌え CG 看板娘 オリジナルキャラ

インテュオス4-1
インテュオス3に続いてインテュオス4を擬人化。
今回はずいぶん使っていなかったペタブレットのリハビリついでに描いています。マウス描きに比べれば遥かに塗りは早く楽ですが、自由度が高い分、正確さに欠けている。使用しているペンタブは3ですが、まだ能力を引き出しきれていない。

ついにIntuos5が届きました!
もう少しリハビリをしたら5に切り替え、三機目の擬人化で試してみようと思います。早く慣れて依頼もこれで仕上げたい。

Tag:イラスト sai 萌え CG 看板娘 オリジナルキャラ SAI

インテュオス3たんと、お仕事絵

 14, 2012 06:31
インテュオス3-1
看板娘の一人のインテュオス3たんをペンタブレットでリメイクしているもの。とりあえず顔だけペンタブ使用、残りはマウス描き。名前の通りペンタブの擬人化で、持っていながらほとんど使ってあげられなかった可哀想な子。なので尻尾(USB)をいじりながらちょっとやる気のない構図にパースを使って描き変えています。ちなみにこのシリーズは三機まで製作中。

インテュオス3-2
オアリのパースを使っているので、見方によってはなんとなくエロく見える…看板用の簡単な立ちなのですが、パースによって見上げる勢いが出ます。話は変わりますが、初めて依頼を頂きました。本職はアルミの加工業だけどネ(マテ)そんな訳もあり、最新のペンタブレットIntuos5を予約しました。マウス描きでだいぶピンポイト塗りも出来てきたので、これに切り替えれば光の速さで上達、できるかも知れない(オイイイイ)ワイヤレスタイプなのでデスク周りもこれでスッキリするかな。

Tag:イラスト sai 萌え CG 看板娘 オリジナルキャラ SAI

水車たん1
看板娘では初となる神様の水車たん。
お気に入りの水車小屋を模した食事処から創造したキャラ。
これもマウスでほぼ完全にリメイクしたもの。改正前に比べて等身が低くなり、ぺったん娘に。頭の頭巾(?)がこけむした水車小屋、着物が川の流れを表現するよう改良。

水車たん
水車たん全身。
頭に生えた稲穂がアホ毛の役割を果たしている。
豊作の神様だが見た目に反し、川を汚す罪人は人間水車(背中の水車に大の字に縄で縛られ水責め)にするという、えげつなさも持ち合わすロリ神様である。

Tag:イラスト sai 萌え CG 看板娘 オリジナルキャラ

クリーチャー
ツイッターの方で落書きしていたものに効果を加えたもの。
背景と衣服を厚塗り、キャラをアニメ塗り寄りに描き、ディフュージョンまでをマウスで描いたもの。雨は折れ線を応用し、ディフュージョンによってキャラに当たって弾ける水滴の湿度を表現。風呂場の湿度の表現と同じですな。このように大雑把な塗りでも組み合わせ次第で表現にも幅が広がってきます。

Tag:イラスト 萌え CG 看板娘 オリジナルキャラ SAI 講座

オールマウスで厚塗り・レベル2

 03, 2012 09:00
神桐1
今回はややフカンの構図でナイスバディ(死語)な看板娘に切り替えて厚塗り。条件は前回と同じ、模写無しのマウス描き。過去のリメイクですが、新しい目で見たら駄目な所が多々見切れたので気付いた所のみ改正。レイヤーは人物に五枚、背景に五枚くらい。慣れれば人物三枚、背景三枚で十分。マシンへの負担もかなり減ります。

神桐2
全体、途中。
背景に対してキャラがやや浮き気味なので、もっと彩度を落とすべきかな。厚塗りはメリハリのある塗りでキャラが活きてくるので、やたらグラデーションを使って塗るとリアル感がなくなりCG臭いになってきます。感覚でいえばアニメ塗りと水彩の中間くらいかな。全体に深みを出すには前にも書いたようにドット打ちと同じく色を極力水分で伸ばさずストレートに塗る事。あとは彩度を低めにする事…くらいか。

Tag:イラスト sai 萌え CG 看板娘 オリジナルキャラ 講座

WHAT'S NEW?